TOP
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター
別冊日本臨牀 領域別症候群シリーズ

新着情報

脳・脊髄の画像診断 “鑑別診断力”を磨く厳選22題 - 専門医試験の画像問題に自信がもてる!
出版社:メディカ出版
著 者:原田雅史(監修) 里見淳一郎(編集) 藤田浩司(編集) 山本伸昭(編集) 阿部考志(編集)
発行日:2016-05-01

脳神経外科速報の人気連載が待望の書籍化!神経放射線カンファレンスで取り上げられた診断に苦慮する症例、珍しい症例、common diseaseであるが興味深い画像を呈する症例22題を厳選。部位別、難易度別に「画像問題」が構成されており、研修医や専門医試験前後の神経内科医・脳外科医・放射線科医に最適。

病態生理が見える 整形外科早わかり図鑑
出版社:メディカ出版
著 者:山本謙吾(編集)
発行日:2016-05-10

豊富なイラストや写真でスラスラ読める!200点以上の豊富なカラーイラストや写真をメインに使用することで、整形外科疾患の病態生理・治療・看護を視覚的に理解!簡潔な箇条書きでサクッと読めるので、入職したての新人ナースでもスラスラ読める!

当直医外来診療メモ 第6版 First Aid to Duty Doctor
出版社:日本臨牀社
著 者:鵜飼卓(監修) 石原諭(編集) 鍜冶有登(編集) 杉野達也(編集)
発行日:2016-06-01

一人での当直時を想定して、自分で処置できるか、入院・転送させるべきか、明日まで待てるか、緊急の処置として何をすべきかなど的確な判断と最善の診療ができるよう。また、診断・治療の実践的なコツなども盛り込みポイントをコンパクトにまとめてある。

医学と薬学 73/10 2016年10月号
出版社:自然科学社
著 者:自然科学社
発行日:2016-09-27

特集:統合失調症

医学総合月刊誌「医学と薬学」は1979年創刊の伝統ある雑誌です。毎月の特集記事と投稿論文の二元掲載により、豊富な医学・薬学の情報を掲載し、大学、病院など医療関係者に広く読まれております。

決定版! オペナースのための手術室モニタリング
出版社:メディカ出版
著 者:讃岐美智義(編著) 荒木泰人(編集) 小川志保(編集) 井奥享子(編集)
発行日:2016-09-15

手術室必須の14モニターを制覇できる!ビシッとモニターを読んで、サッと動ける!これこそ外回りの格好よさ!本増刊では、測定のメカニズムから、装着やトラブルの早期発見・対応などの実践まで、時系列にモニター1つひとつイラスト・マンガで徹底解説。1から学んでモニタリングが完全攻略できる。

診断と治療のABC114/慢性疼痛疾患
出版社:最新医学社
著 者:田口敏彦(企画)
発行日:2016-06-25

最新醫學別冊 診断と治療ABC第14弾は「慢性疼痛疾患」です。本書では痛みの診断・評価法,薬物療法・理学療法・手術療法をはじめ,各部位からみた慢性痛の診断と治療を網羅しました。また慢性疼痛に対する海外と本邦との診療体制の実情と課題についてもまとめました。慢性疼痛疾患に関する成書です。是非ご一読ください。

ポイントで学ぶ英語口頭発表の心得(電子書籍版)
出版社:丸善出版
著 者:小野義正(著)
発行日:2016-08-20

科学・技術の世界では、研究成果を世に問うにあたって口頭発表が果たす役割は小さくない。国際学会で初心者が研究発表を行うという状況を想定して、その然るべき準備や具体的な発表の仕方や諸々の注意事項をコンパクトに解説。好評既刊書「ポイントで学ぶ 科学論文の書き方」の姉妹書。

サイエンス・パレットSP-030 気候 - 変動し続ける地球環境 (電子書籍版)
出版社:丸善出版
著 者:Mark Maslin(著) 森島済(監訳)
発行日:2016-07-20

過去と現在の比較から、現在の地球の気候システムの特徴がわかり、現在の地球温暖化という問題を、俯瞰的にみる視点を与えてくれる内容となっています。 その点からも、学生の参考書や気候学に関連した諸分野の教科書としても気候の成り立ちを理解できる入門書といえます。

現代インドにおける地方の発展 ウッタラーカンド州の挑戦
出版社:海青社
著 者:岡橋秀典(編著)
発行日:2017-01-30

インドヒマラヤのウッタラーカンド州は、経済自由化後の2000年に設置された。躍進するインド経済の下、国レベルのマクロな議論で捉えられない地方の動きに注目し、その発展メカニズムと問題点を解明する。日本地理学会の2013年度助成図書。

救急での動きかた・患者のみかた
出版社:メディカ出版
著 者:芝田里花(編集)
発行日:2016-07-10

現場でドクターと“あうんの呼吸”で動ける。常に先を読んだ対応が求められる救急の現場で、指示待ちナースになっていませんか?本書では救急患者観察の基礎に加えて、よくある救急患者の対応をチャートで示し、患者・ドクター・ナースの動き・思考を可視化。「何を観て・考え・どう動くか」が分かる、救急ナース必携の書。