TOP
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター
別冊日本臨牀 領域別症候群シリーズ

新着情報

オールカラー最新2版 新生児の疾患・治療・ケア
出版社:メディカ出版
著 者:楠田聡(監修)
発行日:2016-04-25

新生児スタッフ必携書!待望の最新カラー版。大好評のロングセラーが最新情報とともにオールカラーで刊行。家族への説明にそのまま使えるイラスト満載のページと、医療者が押さえておきたい専門知識をまとめたページで構成。新生児スタッフが赤ちゃんの状態や治療内容を家族に伝え、共有するために欠かせない必須アイテム。

妊婦健診と保健指導パーフェクトブック 正常の確認と異常への対応を究める!
出版社:メディカ出版
著 者:ペリネイタルケア編集委員会(編著)
発行日:2016-06-25

妊娠期ごとの検査と保健指導を完全網羅。妊娠期別に行うべき検査の目的や方法を詳しく解説。保健指導のポイントと具体的な声掛け例が示され、妊婦へのサポート力をアップできる。ハイリスク妊娠についても14の病態を詳細に説明。この1冊で知識を整理し、妊婦の正常の確認と異常への対応ができるようになる!

サイエンス・パレットSP-031 微生物 ‐目には見えない支配者たち(電子書籍版)
出版社:丸善出版
著 者:Nicholas P.Money(原著) 花田智(訳著)
発行日:2016-08-20

「微生物」とは、肉眼で捉えることのできない小さな生物のことを指します。本書は、バクテリアやアーキア(かつては古細菌と呼ばれた分類群)、カビ、酵母、キノコ、微細藻類、原生生物、ウイルスにいたるまで、多くの微生物を網羅し、かつ簡潔に解説しています。肉眼では見えないものを可視化する「顕微鏡」のような役割を果たす一冊といえるでしょう。

決定版! オペナースのための手術室モニタリング
出版社:メディカ出版
著 者:讃岐美智義(編著) 荒木泰人(編集) 小川志保(編集) 井奥享子(編集)
発行日:2016-09-15

手術室必須の14モニターを制覇できる!ビシッとモニターを読んで、サッと動ける!これこそ外回りの格好よさ!本増刊では、測定のメカニズムから、装着やトラブルの早期発見・対応などの実践まで、時系列にモニター1つひとつイラスト・マンガで徹底解説。1から学んでモニタリングが完全攻略できる。

映像情報インダストリアル 48/6 2016年6月号
出版社:産業開発機構
著 者:産業開発機構
発行日:2016-06-01

特集1 '16画像センシング展見どころ

特集2 VR時代到来!新たな時代を刮目せよ!

脳神経領域で必須のくすり ナース版トリセツ ミニBookとして使える「ケアにつながる副作用早見表」付き
出版社:メディカ出版
著 者:橋本洋一郎(監修) 奥村弥一(編集) 詫間大悟(編集) 細川深春(編集) 白石あゆみ(編集協力) 明珎久美子(編集協力)
発行日:2016-08-15

治療と症状、リスク因子に対する薬を網羅! 脳卒中、脳腫瘍だけでなく、てんかん、変性疾患など幅広い疾患の治療薬に加え、現場でよく使用される抗菌薬や睡眠薬、制吐薬などの症状に対するくすりを網羅。さらに、再発予防につながるリスク因子にまつわるくすりまでをまとめた脳神経ナース必須の1冊が誕生!

写真でわかる助産技術アドバンス 妊産婦の主体性を大切にしたケア、安全で母子に優しい助産のわざ(DVDなし)
著 者:平澤美惠子(監修) 村上睦子(監修)
発行日:2016-09-30

鮮明な写真で、熟練助産師による女性の主体性を尊重した“助産のわざ”をイメージ化。妊婦の診察技術や分娩期の助産技術、新生児期の助産技術を中心に、ケアの実際を具体的に解説した、実践的なテキストです。今回の改訂では、新生児の観察を新たに加え、さらに貴重な出産の実際も収録しました。新生児の蘇生はガイドライン2015に対応。

前大脳動脈瘤・椎骨脳底動脈瘤(ACA・VBA Aneurysm)のすべて - シミュレーションで経験する手術・IVR
出版社:メディカ出版
著 者:宝金清博(監修) 井川房夫(編集) 宮地茂(編集)
発行日:2016-05-01

部位別に脳動脈瘤手術・治療を解説するシリーズ第4弾で、中大脳動脈瘤、内頚動脈瘤遠位部、同近位部に続く、シリーズ完結編。最も頻度の高い前大脳動脈瘤(前交通動脈瘤)と手術に難渋することが多く脳血管内治療が行われることが多い椎骨脳底動脈瘤に焦点を当てる。50名を超える分野のエキスパートが詳しくわかりやすく解説し、厳選した症例と130本の術前CTA・手術動画でコイリング、クリッピングのコツ、ポイントがよく...

当直医外来診療メモ 第6版 First Aid to Duty Doctor
出版社:日本臨牀社
著 者:鵜飼卓(監修) 石原諭(編集) 鍜冶有登(編集) 杉野達也(編集)
発行日:2016-06-01

一人での当直時を想定して、自分で処置できるか、入院・転送させるべきか、明日まで待てるか、緊急の処置として何をすべきかなど的確な判断と最善の診療ができるよう。また、診断・治療の実践的なコツなども盛り込みポイントをコンパクトにまとめてある。

高エネルギー電子線の線量評価の実際
出版社:ピラールプレス
著 者:日本放射線治療専門放射線技師認定機構(監修) 保科正夫(著)
発行日:2016-03-25

放射線を測定する検出器には、検出器固有の特性がある。本書では、代表的な検出器である電離箱の他、固体検出器、その他電子線の線量評価で遭遇するいくつかの点について触れる。