TOP > カテゴリー一覧 > 臨床医学:外科 > 眼科学
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

眼科学

9 件中 1 - 9件目を表示

チーム柿崎の外来眼形成手術 実況動画で「コツ」がわかる!
出版社:メディカ出版
著 者:柿崎裕彦(編著)
発行日:2016-01-05

クリニックでもできる眼瞼手術の最適教材。一線で活躍する術者の施設へ見学に行き、実際の手術を見ながら解説を聞くように学ぶことができる「実況動画」付き。眼科開業医が外来でできる手術に限定して、より効率的に学習できるようにした。

めざせ! 眼科検査の達人改訂2版
出版社:メディカ出版
著 者:八木幸子(著)
発行日:2015-04-01

視力検査や視野検査など基本検査をきわめる。視力検査や視野検査など眼科の基本的な検査は、検査者の力量が検査結果を大きく左右するものばかり。本書には教科書には載っていないノウハウや患者コミュニケーションのポイントが満載! 初心者から抜け出して眼科検査をきわめたい人にぴったりの一冊。

めざせ!快適なめがね 眼鏡調整(めがねあわせ)の達人 ―困ったときに役立つ25事例
出版社:メディカ出版
著 者:菅澤淳(監修) 澤ふみ子(著)
発行日:2015-04-01

快適な眼鏡にする眼鏡調整のノウハウ満載。きちんと処方されたはずなのに、作製されているはずなのにどうしてうまく見えないの? もっと快適なめがねを患者にかけてもらうための眼鏡調整(めがねあわせ)のノウハウを一挙公開。本書を読めば患者の小さな訴えも見逃さず眼鏡の不調の原因がきっと見つかる!

プライマリ・ケア医&救急医のための 眼科診療ガイド
出版社:メディカ出版
著 者:加藤浩晃(著)
発行日:2015-03-25

プライマリに必要な眼科知識を一冊に凝縮。プライマリ・ケアの現場で眼科診療を行う機会があるにもかかわらず、それを担う医師が眼科診療を学ぶ機会はほとんどない。ベストセラー『眼科Note』シリーズの著者が「プライマリ・ケア医にこれだけは知っていてほしいと思う眼科知識をまとめた一冊。

目の不自由な人の転倒予防 目と平衡感覚、ビタミンDの転倒予防、ロコモ、骨粗鬆症
出版社:考古堂書店
著 者:新潟県視覚障害者のリハビリテーションを推進する会, NPO法人障害者自立支援センター オアシス, 山田幸男(著), 大石正夫(著), 小島紀代子(著), 松田芳信(著)
発行日:2012-05-22

視覚障害者の転倒の多くが、平衡感覚を司る目の障害からバランスを崩して発生することを紹介し、その予防法について解説した。

改訂 眼の成人病

改訂 眼の成人病

1,360 円(税込)

著 者:井上治郎(著), 村上茂樹(著)
発行日:2006-11-08

我が国で初めての眼科病院を開設した眼科医の後継者・井上治郎博士が共同で執筆しました。老眼、白内障、飛蚊症、網膜剥離、加齢黄斑変性、高血圧や動脈硬化による眼底変化、糖尿病網膜症、光凝固など高齢化の成人病に伴う眼科関係のすべての病気が網羅されています。

緑内障と眼の病気 ―患者さん、介護者、医療従事者の手引き―
著 者:ジョセフ・フラマー(著), 桑山泰明(監訳), 池田恒彦(監訳), 杉山哲也(校閲責任), 喜田照代(校閲責任)
発行日:2006-10-10

緑内障は一般的な眼の病気ですが、治療しなければ失明する可能性もあります。本書は、緑内障の原因、病態、治療などの研究や臨床に関する最新の情報と、他の一般的な眼の病気についての要点をわかりやすく解説しています。緑内障の患者さんやご家族、医療従事者、かかりつけ医、介護者および緑内障に関心の或る一般の方に向けた緑内障の手引きです。

先端医療シリーズ23 眼科 眼科の最新医療
著 者:増田寛次郎(編集主幹), 小口芳久(編集主幹), 田野保雄(編集主幹), 新家眞(編集委員), 小椋祐一郎(編集委員), 大鹿哲郎(編集委員), 木下茂(編集委員), 根木昭(編集委員), 望月學(編集委員), 米谷新(編集委員)
発行日:2003-08-28

以前に先端医療シリーズの3として、「眼科の最先端」を1999年に発刊した。この僅か数年の間に、眼科学は大きく様変わりした。本書は現時点での眼科における、最先端の状況をまとめたものである。(序文より)

先端医療シリーズ3 眼科 眼科の最先端
著 者:増田寛次郎(監修), 猪俣孟(編集顧問), 田野保雄(編集顧問), 玉井信(編集顧問), 本田孔士(編集顧問), 澤充(編集委員), 小口芳久(編集委員), 望月學(編集委員)
発行日:1999-06-30

目の疾患は「見る」ことの直接的な障害となる。科学の進歩は目の疾患の診断・治療に画期的な変革をもたらした。(序文より)

9 件中 1 - 9件目を表示

カテゴリー一覧へ戻る