TOP > カテゴリー一覧 > 臨床医学:外科 > リハビリ医学
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

リハビリ医学

17 件中 1 - 10件目を表示

脳卒中後遺症者へのボバースアプローチ 基礎編
著 者:古澤正道(編集執筆) 高橋幸治(執筆)
発行日:2015-09-25

日本人国際インストラクターが執筆!ボバースアプローチとは、ボバース夫妻により開発され、世界で最も普及した中枢神経疾患のリハビリテーション治療概念です。脳や脊髄といった中枢神経系の可塑性(損傷された神経回路網の修復過程)を活用し、中枢神経疾患に起因した障害をもたれた方々の機能改善をめざす治療です。ヨーロッパ諸国を中心に、アメリカ、カナダ、ブラジル、南アフリカ共和国、オーストラリア、イスラエル、韓国、...

SJF関節ファシリテーション 第2版 (電子書籍版)
出版社:丸善出版
著 者:宇都宮初夫(編)
発行日:2015-07-20

豊富な写真と図版を多用し、SJF治療技術を網羅した実践書。関節ファシリテーション(SJF)は、関節運動学と関節潤滑機構に基づく技術を取り入れた関節機能障害のための新しい治療技術です。本書では、この新しい治療技術を600点以上の図・写真を用いて、理論から実践まで丁寧に解説。関節の動きを量的・質的に改善する、運動療法技術、身体全体にわたるSJF検査・治療技術の詳細を体系的に紹介します。理学療法士、作業...

リハビリの心と力 新版

リハビリの心と力 新版

1,645 円(税込)

著 者:稲川利光(著)
発行日:2014-12-01

著者が理学療法士から医師となりこれまでに,リハビリにかかわる数多くの患者さんに触れてわかった,生きることの意味の大切さを伝える一冊.リハビリにかかわる多くの人の励みになり,何らかの力につながっていければとの思いをこめた渾身作の新訂版

肩関節拘縮の評価と運動療法
著 者:林典雄(監修) 赤羽根良和(執筆)
発行日:2013-06-10

本書は、関節拘縮の評価と治療の核心が詰まった1冊です。拘縮の治療概念は、全ての運動療法の基盤となります。動くからこそ関節、肩関節拘縮に迫ります!

身体障害者の性活動

身体障害者の性活動

3,024 円(税込)

出版社:三輪書店
著 者:玉垣努(編著), 熊篠慶彦(編著)
発行日:2012-07-30

本書は身体障害者の性支援に焦点をあて、性機能の解説に始まり、専門職の知識と技術を用いてどう支援するのかを提示するとともに、さまざまな疾患、さまざまな性の形(性同一性障害など)をもった身体障害者当事者が、どのような思いを抱いて、どのような方法で性活動を営んでいるのか、実際の生の声を集めたものである。専門職になぜ性支援が求められるのか、そして、性支援に必要なものとは何かを知りたいすべての人のための本。

イメージの科学 リハビリテーションへの応用に向けて
出版社:三輪書店
著 者:森岡周(編集), 松尾篤(編集)
発行日:2012-05-30

本書では、医療領域で用いる際に必要なイメージの知識を身体イメージと運動イメージに絞り、その項目として「身体の神経学的過程としての身体イメージ」「身体表象の神経基盤」「行動の神経学的過程としての運動イメージ」「運動イメージの神経基盤」「運動イメージのアウトカムと臨床適応」「イメージの障害とそれに対する治療介入」と立て、それに関する最新の知見を、主に神経科学を用いて解説した。

 「イメー...

疾患別 作業療法における上肢機能アプローチ
出版社:三輪書店
著 者:山本伸一(編集)
発行日:2012-05-20

本書では、上肢の機能・役割等を解説した総論に続き、疾患別のアプローチとして脳血管障害、パーキンソン病、脊髄損傷、関節リウマチ、末梢神経損傷、骨折、手外科疾患、ALS、乳がん(リンパ浮腫)、切断について、疾患の概説、上肢機能・治療のポイント、症例報告等を収めている。対象者の状況に応じ、上肢の能力を最大限に引き出し、その方の生活を支えるための介入ポイントを知るために最適な実践書として活用いただきたい1...

山田英司 変形性膝関節症に対する保存的治療戦略
出版社:三輪書店
著 者:山田英司(著)
発行日:2012-05-01

第一線で活躍する理学療法士が、貴重な経験や紆余曲折の人生を惜しみなく語る、理学療法士列伝シリーズの第1弾。ひとりの理学療法士として、どう学び、何を考え、どこを目指すのか。過去、現在、未来と3章立てで伝える。

先端医療シリーズ40 リハ医とコメディカルのための最新リハビリテーション医学
著 者:上月正博(編集主幹), 芳賀信彦(編集主幹), 生駒一憲(編集主幹), 赤居正美(編集顧問), 木村彰男(編集顧問), 川平和美(編集委員), 吉永勝訓(編集委員), 岡島康友(編集委員), 安保雅博(編集委員), 石田健司(編集委員), 森田定雄(編集委員), 寺田弘司(編集委員)
発行日:2010-04-06

本書は、リハ医学を牽引しているわが国を代表する医師・研究者が執筆し、リハ医学に関する最新知識と具体的進め方をわかりやすく盛り込んだ、現時点で最新かつ最高レベルの教科書である。

姿勢と動作 第3版

姿勢と動作 第3版

3,888 円(税込)

著 者:齋藤宏(著) 矢谷令子(著) 丸山仁司(著)
発行日:2010-02-25

本書は,姿勢と動作の成り立ちから,基本の姿勢,体位変換と移乗動作,日常生活活動(ADL)の概念と内容,福祉用具の分類に至るまで,その基本を丁寧にわかりやすく解説した良書として,リハビリテーション医療を目指す多くの学生に活用されてまいりました.今回の改訂では,理学療法士・作業療法士に必要とされるより専門的な知識を新たに加えるとともに,体位変換・移乗動作の方法および福祉用具について,豊富なイラストと最...

17 件中 1 - 10件目を表示

カテゴリー一覧へ戻る