TOP > カテゴリー一覧 > 臨床医学:外科 > 心臓/血管外科
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

心臓/血管外科

14 件中 1 - 10件目を表示

心臓血管外科テクニック IV 先天性心疾患編(DVDなし)
出版社:メディカ出版
著 者:四津良平(総監修) 坂本喜三郎(監修)
発行日:2015-08-01

先天性心疾患の病態と最新の治療戦略の解説とともに、各手術のゴールド・スタンダードといえる手技をカラー写真・イラストで完全収録。研修医・専門医の個人学習用としても、患者説明やコメディカルスタッフへの教育ツールとしても活用できる一冊。

心臓血管外科テクニック I 弁膜症編(DVDなし)
出版社:メディカ出版
著 者:四津良平(総監修)
発行日:2015-08-01

心臓血管外科手術を書籍とDVDで完全理解

心臓血管外科テクニック II 大血管疾患編(DVDなし)
出版社:メディカ出版
著 者:四津良平(総監修) 上田裕一(監修)
発行日:2015-08-01

大血管疾患の病態と最新の治療戦略の解説とともに、各手術のゴールド・スタンダードといえる手技をカラー写真・イラストで完全収録。研修医・専門医の個人学習用としても、患者説明やコメディカルスタッフへの教育ツールとしても活用できる一冊。

心臓血管外科テクニック III 冠動脈・心筋疾患編(DVDなし)
出版社:メディカ出版
著 者:四津良平(総監修) 松居善郎(監修)
発行日:2015-08-01

心臓血管外科手術を完全理解。冠動脈・心筋疾患の病態と最新の治療戦略の解説とともに、各手術のゴールド・スタンダードといえる手技をカラー写真・イラストで完全収録。研修医・専門医の個人学習用としても、患者説明やコメディカルスタッフへの教育ツールとしても活用できる一冊。

Tsuchiura's Stepwise Ablation Case Study 土浦式ステップワイズ・アブレーション・ケーススタディ
出版社:メディカ出版
著 者:家坂義人(著)
発行日:2015-06-20

厳選61ケースでわかるアブレーション治療。本書はカテーテルアブレーション治療の第一人者によって、基礎的な疾患解説から厳選された61症例のweb映像と解説でまとめられ、心電図解読からアブレーション成功までが丁寧に解説されている。特に高画質で編集された映像では、カテラボの臨場感を伴ったビデオライブケースがコンパクトに提示されており、アブレーション技術に自信がない、診断に迷ってしまうと感じている方は必読...

心臓血管外科研修医コンパクトマニュアル
出版社:メディカ出版
著 者:渡橋和政(監修) 高知大学医学部心臓血管外科(著)
発行日:2014-01-01

循環の基礎から心臓血管外科までこれ一冊!臓血管外科治療はますます高度になっていくうえに、内科的な薬物治療の知識も不可欠である。研修医にとって複雑な疾患・治療の概念をつかみ、臨床能力を高めるコンパクトでわかりやすい一冊。手術手技やエコー画像もweb動画でたっぷり見られる。

データとケースレポートから見た圧迫療法の基礎と臨床
著 者:平井正文(著)
発行日:2013-02-25

弾性ストッキング・スリーブや弾性包帯による圧迫療法は,静脈疾患やリンパ浮腫などに有用な治療法として臨床で欠かせません。近年では,肺血栓塞栓症の予防管理法のひとつとしても注目されています。 弾性ストッキングコンダクターの有資格者も年々増えていますが,忙しい実臨床ではついついマニュアル的,表面的な対応になりがちです。本書は,圧迫療法を基礎から臨床まで解説してあるので,"なぜ,そうすべきか"がよく理解で...

心室中隔ページングの実際

心室中隔ページングの実際

2,592 円(税込)

著 者:安部治彦(編集)
発行日:2007-05-20

すでにペーシング治療を行っている経験豊な医師のみならず,これから心室中隔ペーシングを始めようとする若手医師にも心室中隔ペーシングの意義と利益を十分理解してもらい,安全に施行できるように・・・

心臓血管外科手術書

心臓血管外科手術書

22,115 円(税込)

著 者:小柳仁(編集主幹), 北村惣一郎(編集主幹), 安井久喬(編集主幹), 上田裕一(編集委員), 川副浩平(編集委員), 黒澤博身(編集委員), 米田正始(編集委員), 須磨久善(編集委員), 渡邊剛(編集委員)
発行日:2002-07-10

安全で有効な外科手術を可能にするには、診断に始まり治療に至るそれぞれの段階に於いて、現今では熟練した手技のほかには最新の科学技術を応用した機械器具を必要とする。特に心臓血管外科の領域に於いてはそうである。本書ではそれらの点についても考慮している。人工心臓弁、ステント、ペースメーカー、補助人工心臓、全置換型人工心臓、体外循環装置等の心臓外科に関連し、しかも先端技術を利用した人口臓器の領域にも触れてお...

先端医療シリーズ5 心臓血管外科 心臓血管外科の最前線
著 者:岡田昌義(監修), 松田暉(編集顧問), 藤原巍(編集顧問), 安倍十三夫(編集委員), 今村洋二(編集委員), 北村信夫(編集委員)
発行日:1999-09-29

今や、21世紀を目前に控え、それに向かって世紀末のカウントダウンに入っているといっても過言ではありません。このような重要な時期に21世紀に入っても脈々続く心臓血管外科における新しい種々の工夫や問題点と、それらの対応策などについて、1冊のモノグラフにまとめさせて頂きました。その内容もsubtitleをみて頂くと、非常に豪華で、かつattractiveであり、以下のごとくup-to-dateな項目ばか...

14 件中 1 - 10件目を表示

カテゴリー一覧へ戻る