TOP > カテゴリー一覧 > 臨床医学:内科 > 小児科学一般
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

小児科学一般

44 件中 1 - 10件目を表示

実践 手先天異常の治療

実践 手先天異常の治療

5,940 円(税込)

出版社:春恒社
著 者:栗原邦弘(著)
発行日:2016-04-10

『実践 手先天異常の治療』は症例提示を多く、分類に適応されない症例についても図を参照されて判断が可能となるように配慮いたしました。

お母さんがもっと元気になる乳児健診
出版社:メディカ出版
著 者:水野克巳(著)
発行日:2015-05-01

これであなたも乳児健診の達人になる!会話例が充実し、さらにパワーアップした小児科医必携の一冊。発達評価や疾患の発見に主眼を置く医学ベースの健診から脱却し、お母さんを元気にする健診メソッドやコツ、母乳に関する最新の研究とエビデンスが満載のまったく新しい“これからの”のマニュアル。

保健指導者のための 子どもの感染症と予防接種の手引き 2014.10 改訂版
出版社:母子保健事業団
著 者:尾内一信(指導)
発行日:2014-10-01

子どものかかりやすい感染症について、予防接種とワクチン、病原体、疾患、治療などを指導者視点でわかりやすく解説。理解を助ける用語解説、注釈も多数掲載しました。職種を問わず、さまざまな保健指導の場で役立つ1冊です。

医療従事者と家族のための小児在宅医療支援マニュアル 改訂2版
出版社:メディカ出版
著 者:船戸正久(編著) 高田哲(編著)
発行日:2014-03-01

小児在宅医療・ケアの支援方法を紹介!小児在宅医療の現況を踏まえ、最新の医療・ケアの具体的な方法、社会資源、退院後の支援の方法を紹介する。在宅自己導尿法、在宅自己注射法なども詳細に取り上げており、医療従事者はもとより、患児の家族にも有用な一冊である

患者と家族のための 川崎病Q&A 第5版
著 者:鮎沢衛(編著) 唐沢賢祐(編著) 能登信孝(編著)
発行日:2013-07-30

今回の改定では内容の全面的な見直しを行い、最新の「川崎病全国調査」の結果を反映したほか、学校生活管理指導表も最新のものに変更した。トピックスでは「遺伝子研究」「不応例の予測と治療」「検査に伴う放射線被曝」を加えるなど、最先端の話題も盛り込んだ。明快で、かつ患者さんに優しい思いに満ちた本。

小児造血器腫瘍の診断の手引き
出版社:日本医学館
著 者:堀部敬三(編集), 鶴澤正仁(編集)
発行日:2012-09-25

本書を参考にして、白血病リンパ腫の診断を標準化された方法で行うことで、日常の白血病リンパ腫診療の質の向上に繋がれば。

子どもの心の診療シリーズ6 子どもの人格発達の障害
出版社:中山書店
著 者:齊藤万比古(総編集・責任編集), 笠原麻里(責任編集)
発行日:2011-09-20

人は誕生の瞬間から、さまざまな人との出会いや、環境の影響を受けつつ、人格を形成していく。性差、年齢、母子関係、養育環境や心的外傷等が人格形成にもたらす影響を考察しつつ、子どもの人格発達とは何か、発達の決定要因とは何か、子どもの心の問題への治療的介入とはどういうものかという問いに迫る。パーソナリティ障害を視野に入れつつ、子どもの人格形成の諸側面・諸要因について専門家が詳述した1冊。

年齢・体重ですぐわかる! 小児の治療薬の選び方と使い方
出版社:羊土社
著 者:水谷修紀(監修), 土井庄三郎(編集)
発行日:2011-09-01

すぐに使える小児の治療薬のポイントとコツを凝縮!小児医療にかかわる全医療者必携!「薬剤編」で代表的な治療薬を網羅し,体重当たりの薬用量と年齢別目安が一目でわかる.作用機序や副作用の解説も充実!また「症候編」で症例を呈示し,実践的な薬の使い方を解説!

小児救急秘伝の書 ひと目でわかる診療の要点と極意
出版社:羊土社
著 者:鬼頭正夫(著)
発行日:2011-06-15

49の秘伝に必須事項を凝縮!マニュアルにはない診療の極意とガイドラインに基づいた解説で,小児救急に必要な心構えと適切な対応が身につく!図表が豊富で解説も簡潔なので,困ったときにすぐに調べて実践できる!

子どもの心の診療シリーズ4 子どもの不安障害と抑うつ
出版社:中山書店
著 者:齊藤万比古(総編集), 松本英夫(責任編集), 傳田健三(責任編集)
発行日:2010-09-10

子どもの精神科臨床においては、不安と抑うつは密接に関連しあっている。大人よりも両者が併存する割合は高く、また、発達障害等の問題とも関連があり、臨床的立場と生物学的立場の二つの視点からのアプローチが求められる。本書では、子どものうつ病性障害、不安障害、および発達障害、それぞれの併存を考慮しつつ、不登校やひきもこり、自傷や自殺等、現在の子どもが抱える心の問題への対応と治療の実際について詳述した。

44 件中 1 - 10件目を表示

カテゴリー一覧へ戻る