TOP > カテゴリー一覧 > 臨床医学:内科 > 血管
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

血管

26 件中 1 - 10件目を表示

心原性脳塞栓症と経口抗凝固薬 新規抗凝固薬の選び方・使い方
著 者:豊田一則(編集)
発行日:2013-04-01

新たな経口抗凝固薬,直接トロンビン阻害薬と活性化凝固第?因子阻害薬を,いかにして使いこなすか? モニタリングは? 出血への対応は? どう使い分けるのか? 臨床試験からは読み取れない課題への解決の糸口を示す,脳卒中医家必携の1冊! いま知りたい疑問への答えを全4章18項目に凝縮されています。

高血圧治療における併用療法 理想の組み合わせと合剤の位置づけ
著 者:檜垣實男(編集)
発行日:2012-01-05

高血圧治療における併用療法の理論的根拠、意義とその実際をクリアにまとめた、実地医家待望の一冊。

おもな併用療法および合剤について、その使用が推奨される代表的な症例を示すとともに、作用機序からみた選択理由から使用上の注意点、エビデンスまでを網羅。

EBM時代の心房細動 25のエッセンス
著 者:山下武志(編著)
発行日:2010-11-25

“ Keep It Simple”という山下氏独自の視点から、心房細動診療のコンセプトを明確にした本。心房細動診療のここまでの変化を、20年前に誰が予想できただろうか?本書では、その歴史を象徴する25のKey Evidenceを紹介、時代時代のKeywordを軸に「心房細動診療の“これまで”と“これから”」に鋭く斬り込む。疾患の歴史から紐解くという新しいアプローチで、ぶれることのない心房細動診療の...

最新 高血圧診療学

最新 高血圧診療学

4,536 円(税込)

出版社:永井書店
著 者:今泉勉(編集)
発行日:2010-08-01

2009年発表の「日本高血圧治療ガイドライン」を作成した担当者によるテキスト。血圧はどのように調整されているのか、高血圧・臓器障害をどのように診察・診断・治療するのかなどについて解説。

日常臨床に役立つ高血圧診療のエビデンス
出版社:先端医学社
著 者:荻原俊男(編集)
発行日:2008-01-25

日々進歩している高血圧治療の現状を最新文献から探索し日常臨床にいかに役立てるかを模索する臨床医必読の書。

高血圧の制圧は全世界的にみて心血管疾患予防のため重要な課題である。進歩し続ける臨床研究を背景に臨床家は適切な薬剤の処方、生活習慣の改善指導について最新のエビデンスに基づいておこなう必要がある。本書はこれらの期待に応えるため、月刊誌「血圧」“Information Up-to-Dat...

Xa阻害薬のすべて

Xa阻害薬のすべて

2,538 円(税込)

出版社:先端医学社
著 者:池田康夫(編著), 坂田洋一(編著), 丸山征郎(編著)
発行日:2007-06-25

静脈血栓塞栓症予防薬である?a阻害薬を正しく理解し、活用するための必読書

近年わが国でも静脈血栓塞栓症(VTE)予防の必要性が叫ばれ、2004年には予防ガイドラインも作成された。本書はVTEの予防薬となるXa阻害薬を安全に使用するための指南書である。Xa因子の機能、疾患との関連などの分子機序から、Xa阻害薬の薬理作用、臨床エビデンス、副作用、開発中の薬剤までを幅広く解説。VTE発症が各...

ファーマナビゲーター 脳卒中編
著 者:井林雪郎(編集)
発行日:2006-04-10

ナビゲーターシリーズの薬剤ナビシリーズ第7巻。コンパクトながら,脳血管の形態解剖・脳循環代謝機能に始まり,脳卒中急性期から慢性期における治療の実際,EBMやガイドラインの要点に至るまで,最新かつ有益な情報を極めて見やすく編集。

DIC治療の新たなストラテジー
出版社:先端医学社
著 者:丸藤哲(編著)
発行日:2004-08-25

疾患を多方面からのアプローチでとらえ、日常臨床で必要な薬剤の効果的かつ適切な使用法等、治療戦略に不可欠な情報を提示

重要性が再認識されている播種性血管内凝固症候群(DIC)の臓器不全発症機序を明らかにし、治療薬剤のエビデンスから得られた科学的治療戦略を詳述。併せて救急領域のDIC診断基準も詳述、救急医療関係者に必携の実践書。

シミュレイション内科 高血圧を探る
出版社:永井書店
著 者:島田和幸(編著)
発行日:2004-08-20

 医学生・研修医や専門医を目指す医師を対象に,プラマリーケアで最も高頻度に遭遇する高血圧を解説する.  

  内容は,高血圧の基礎的理解と最新の知見を総論編6章で,また正しい診断能力の養成ならびに病態把握・治療方針決定の実際を25章の疾患編によって構成.病態やその解説が理解しやすくなるようデータによって臨床シミュレーションを設定し,短期間で臨床の現場が体験でききるよう工夫されている....

高血圧とつきあうコツ

高血圧とつきあうコツ

540 円(税込)

著 者:荻原俊夫(監修), 佐々木達哉(著), 楽木宏美(著)
発行日:2003-09-01

本書は、高血圧という病気を正しく理解していただくことで、より適切な予防と治療に向けての主治医といっしょに歩めることを期待するとともに、長く健康を維持していただきたいという願いのもと執筆された。

26 件中 1 - 10件目を表示

カテゴリー一覧へ戻る