TOP > カテゴリー一覧 > 臨床医学:内科 > 心電/心音/エコー
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

心電/心音/エコー

8 件中 1 - 8件目を表示

血管エコー達人養成講座(DVDなし)
出版社:メディカ出版
著 者:松尾汎(監修) 久保田義則(編著)
発行日:2015-01-01

ワンランク上の血管エコーテクニック。「Vascular Lab」の好評連載「血管エコー達人養成講座」の単行本化。ワンランク上の血管エコーの知識や走査テクニックを静止画像と動画(DVD)でわかりやすく解説し、日常臨床の場で役立つ一冊。CVT(血管診療技師)受験対策にも活用できる。

3秒で心電図を読む本

3秒で心電図を読む本

2,937 円(税込)

著 者:山下武志(著)
発行日:2010-03-25

心電図はちょっとニガテという方、心電図をこれから学び始める方も、この本を読み終える頃には12誘導心電図を安全に乗りこなせるようになっているはずです。

ビジュアル基本手技 7 必ず撮れる! 心エコー カラー写真とシェーマでみえる走査・描出・評価のポイント
出版社:羊土社
著 者:鈴木真事(編)
発行日:2008-04-25

豊富なカラー写真・イラストで,心エコー検査に必須の断層図を撮るための探触子の位置・角度・コツがみてわかる!さらに,心機能の評価や疾患に合わせた描出のポイントを丁寧に解説!心エコーの初学者に最適の一冊!

臨床医のためのやさしい心電図の読み方
出版社:永井書店
著 者:加藤貴雄(著)
発行日:2005-10-01

若手医師や心電図を苦手とする医師,あるいはコメディカルの方々が,心電図を見ていろいろと考える診断過程・思考過程の面白さを感じてもらうために,具体的な治療法は割愛しシステマチックな心電図診断により深い興味と発見を呼び起こしていただけるよう工夫をこらした心電図読本。

続 やってみようよ!心電図
著 者:高階經和(著)
発行日:2003-11-05

「どう読む?」「なぜ、そうなる?」「診断.治療は?」大好評「カエルの心電図ブック」の第2弾。身につけた心電図の基礎とコツを新たな50例でブラッシュアップ。「どう読む?」「なぜ、そうなる?」「診断.治療は?」のプロセスが体験したかのように、自分のものに。心電図がもっとよくわかる実力アップ編。

内科セミナーCV5 心音図・心機図
出版社:永井書店
著 者:織田敏次(編集), 阿部裕(編集), 中川昌一(編集), 滝島任(編集), 堀内淑彦(編集), 鎮目和夫(編集), 古川俊之(編集), 祖父江逸郎(編集), 内野治人(編集), 尾前照雄(編集)
発行日:1983-08-01

内科学の急速な進歩・発展は、細分化と専門化をもたらし、近年、ますますその度を深めております。それに伴い、臨床家に要求される知識の量は急増の一途をたどっており、質的にも知識のlife cycleはますます短縮し、日々新しい医学へと脱皮しているのが現状であります。このことは、専門外の知識・情報について疎遠になりがちなspecialistや、最新の情報を吸収しきれないgeneralistの増加という情況...

内科セミナーCV6 循環器超音波診断
出版社:永井書店
著 者:織田敏次(編集), 阿部裕(編集), 中川昌一(編集), 滝島任(編集), 堀内淑彦(編集), 鎮目和夫(編集), 古川俊之(編集), 祖父江逸郎(編集), 内野治人(編集), 尾前照雄(編集)
発行日:1983-02-15

内科学の急速な進歩・発展は、細分化と専門化をもたらし、近年、ますますその度を深めております。それに伴い、臨床家に要求される知識の量は急増の一途をたどっており、質的にも知識のlife cycleはますます短縮し、日々新しい医学へと脱皮しているのが現状であります。このことは、専門外の知識・情報について疎遠になりがちなspecialistや、最新の情報を吸収しきれないgeneralistの増加という情況...

内科セミナーCV3 臨床心電図
出版社:永井書店
著 者:織田敏次(編集), 阿部裕(編集), 中川昌一(編集), 滝島任(編集), 堀内淑彦(編集), 鎮目和夫(編集), 古川俊之(編集), 祖父江逸郎(編集), 内野治人(編集), 尾前照雄(編集)
発行日:1980-12-25

内科学の急速な進歩・発展は、細分化と専門化をもたらし、近年、ますますその度を深めております。それに伴い、臨床家に要求される知識の量は急増の一途をたどっており、質的にも知識のlife cycleはますます短縮し、日々新しい医学へと脱皮しているのが現状であります。このことは、専門外の知識・情報について疎遠になりがちなspecialistや、最新の情報を吸収しきれないgeneralistの増加という情況...

8 件中 1 - 8件目を表示

カテゴリー一覧へ戻る