TOP > カテゴリー一覧 > 臨床医学:内科 > 心臓
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

心臓

31 件中 1 - 10件目を表示

不整脈で困ったら

不整脈で困ったら

2,937 円(税込)

著 者:山下武志(著)
発行日:2009-03-25

「健康診断で心電図異常がみつかった」「不整脈を治してほしい」と訪れる患者さんの対応に苦慮することはありませんか? そして、不整脈に対して何となく苦手意識を持っていませんか?本書では種々の不整脈について、エビデンスに基づいた初期診療の考え方、実践法を解説しています。心電図が読めなくても、不整脈発生のメカニズムを熟知していなくても大丈夫! 困ったときには本書を開いて、いますぐホッとしてください。

最新 狭心症診療の実際

最新 狭心症診療の実際

4,320 円(税込)

出版社:永井書店
著 者:小川久雄(編集)
発行日:2009-03-20

本書で最新の狭心症診療の根幹に触れ,担当医として「何をなすべきなのか」を知ることができる.狭心症診療に従事する研修医やプライマリ・ケア医,さらに循環器専門医にも幅広く役立つ本書をぜひ手にとって読んでいただきたい。

シミュレイション内科 心筋梗塞・狭心症を探る
出版社:永井書店
著 者:奥村謙(編著)
発行日:2006-05-25

本書は、まず総説において虚血性心疾患の病態としての動脈硬化の成因や心筋虚血、壊死の病態生理、そして最新の画像診断法と薬物および非薬物療法について解説し、さらに心筋梗塞と狭心症の各々について病態と治療を詳述した。(序文より)

急性心筋梗塞症

急性心筋梗塞症

3,510 円(税込)

出版社:永井書店
著 者:友田春夫(著)
発行日:2005-09-01

これから心臓病の勉強を始める方々や,医学生,循環器内科をローテートしている研修医,循環器内科新規入局者,専門外の医師を念頭に分かりやすく解説された急性心筋梗塞症の入門書。難しいと思われがちな急性心筋梗塞症の病態,診断,治療の実際についての分かりやすい本書の解説が,興味深く循環器疾患への扉を開いてくれるであろう。

シミュレイション内科 心不全を探る
出版社:永井書店
著 者:堀正二(編著)
発行日:2005-06-10

本書は、研修医やレジデントの方に心不全の臨床をトレーニングしていただくのに最適の材料である。疾患編では、30の病態を取り挙げているので、臨床でよく遭遇するケースはほとんど網羅している内容となっている。(序文より)

先端医療シリーズ28 心臓病 心臓病 診断と治療の最前線
著 者:細田瑳一(監修), 篠山重威(監修), 北村惣一郎(監修), 永井良三(編集委員), 堀正二(編集委員), 三田村秀雄(編集委員), 高野照夫(編集委員), 友池仁暢(編集委員), 小室一成(編集委員), 佐野俊二(編集委員)
発行日:2004-06-24

心臓病の診断と治療に関する新しい技術の展望について記した先端医療シリーズの第28巻。

まるごと一冊 心臓の本

まるごと一冊 心臓の本

1,080 円(税込)

著 者:赤塚宣治(著)
発行日:2004-03-31

1.現時点で成人が罹りやすい循環器疾患について、?その病態がなるべく基本から分かるように正常の構造と働きを述べ、?それぞれの病気の時の病態を分かり易く述べ、?その状態をどのような方法で把握し、?その病態に対しての治療がどのような考え方で選択されるかを分かり易く述べてあります。

患者さんとスタッフのための心臓血管病 ABC
著 者:沢山俊民(著)
発行日:2003-12-01

心筋梗塞や脳卒中などの心臓血管病についてイラストやマンガを多用し、やさしく、かつわかりやすく解説した。読者対象は患者さんや関係する看護師や医師などの医療スタッフ

Medical Topics Series 不整脈2003

Medical Topics Series 不整脈2003

2,160 円(税込)

著 者:杉本恒明(監修), 井上博(編集)
発行日:2003-11-15

不整脈治療の最新のトピックスを臨床と関わりの深い基礎的研究も含めて詳細に,かつわかりやすく解説。

先端医療シリーズ12 心臓病 心臓病の最新医療
著 者:川島康生(監修), 細田瑳一(監修), 篠山重成(監修), 小柳仁(編集顧問), 安田慶秀(編集顧問), 白土邦男(編集顧問), 高宮誠(編集顧問), 永井良三(編集), 小川聡(編集), 堀正二(編集), 由谷親夫(編集), 安井久喬(編集)
発行日:2001-06-29

近年医学、医療の進歩は著しいが、最も急速な深奥を遂げている領域の一つが循環器疾患、殊に心臓病に対する医療ではないだろうか。(序文より)

31 件中 1 - 10件目を表示

カテゴリー一覧へ戻る