TOP > カテゴリー一覧 > 臨床医学:内科 > 循環器一般
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

循環器一般

40 件中 1 - 10件目を表示

CIRCULATION Up-to-Date Books 01 心臓外科医が描いた正しい心臓解剖図
出版社:メディカ出版
著 者:末次文祥(著) 池田隆徳(監修)
発行日:2017-02-01

心カテ・心エコーに最適の心臓解剖図!著者独自の描き方である「透視図」「断面図」で描かれている。透視図は心臓を正面から透かして見たい部位に絞り込み、カテーテル検査・治療に役立つ。断面図は心エコーの参考となるラインで切り取られ、検査に役立つ。かゆいところに手が届く心臓解剖図である。

CIRCULATION Up-to-Date Books 02 最強! 心不全チーム医療―スペシャリスト集団になる!
出版社:メディカ出版
著 者:佐藤幸人(編著)
発行日:2017-02-01

心不全チーム医療の取り組みはこの1冊から。心不全のチーム医療では、医師だけでなく、看護師やリハビリスタッフなどあらゆる職種の視点で問題点に取り組み、チームの結束が必要だが、そのために必要な共通理解、準備、運営、スタッフ構成など、チーム立ち上げに必要な要素がすべてつまった1冊である

CIRCULATION Up-to-Date Books 03 臨床心不全のいちばん大事なところ60
出版社:メディカ出版
著 者:佐藤幸人(編著)
発行日:2017-02-01

抜けていた心不全の基礎知識がここにある! この10年、臨床重視の風潮により若い医師が心不全の基礎的知識にふれる機会が激減しているが、基礎医学と臨床医学、双方を身につけることが重要である。抜け落ちた基礎知識を学ぶことで、臨床で抱いている疑問も「そうだったのか!」と解消できる。

CIRCULATION Up-to-Date Books 16 実践! みためだけじゃない画像診断
出版社:メディカ出版
著 者:北井豪(編著)
発行日:2016-10-05

身体所見・聴診+画像診断で診療能力UP!エコーやCT、MRIなど画像診断は目覚ましい発展を遂げているが、画像診断だけに頼りすぎてはいけない。各モダリティの特徴を知り、身体所見や聴診のしっかりとした知識を身につけた上で、画像診断を上乗せすることができれば、診療能力は格段にアップする。

症例から学ぶ インターベンショナリストのための心臓CT活用ハンドブック 応用編
出版社:メディカ出版
著 者:インターベンショナリストのための心臓CT研究会(著)
発行日:2016-04-05

循環器内科医向け、心臓CT治療の活用書!本書では複雑病変に対するPCIにおけるCTの活用方法、そのノウハウを紹介する。すべて症例に基づいてPCI手技に沿った解説をしている。CT画像からPCIストラテジーが見えてくる!

『インターベンショナリストのための心臓CT活用ハンドブック』の刊行から3年を経て待望の応用編の登場。

極論で語る循環器内科 第2版(電子書籍版)
出版社:丸善出版
著 者:香坂俊(編著) 永井利幸(共著) 村木浩司(共著) 宗形昌儒(共著) 高橋賢至(共著) 水野篤(共著) 鈴木健樹(共著) 大家理伸(共著) 馬崎徹(共著) 貞廣威太郎(共著)
発行日:2015-12-01

循環器内科は日進月歩であり、革新的な介入試験の結果が発表されたり、新薬や新デバイスが使用可能になった等、新しいニュースが毎週のように流れてきます。第2版は、初版(2011年刊行)の殻を脱ぎすて、全章見直し、新規章「心カテ」「PCI」「失神」が加わるなど、編著者の香坂先生いわく“別の本に様変わる”ほどのダイナミックな改訂を遂げています。この本で循環器を極めに究めてください。

超!教科書

超!教科書

2,592 円(税込)

著 者:山下武志(著)
発行日:2015-05-01

「山下武志が、文献リサーチからやってみた!」心臓血管研究所で4年前から続けられている、レジデントのための「ジュニアリサーチカンファレンス」そこで取り上げられた課題の中から、著者自信が突き詰めたいと思ったテーマをピックアップし、プレゼンテーションするまでを想定して、実際に文献リサーチからやってみました!さて、その作業のなかから見えてきたものとは…??

抗凝固療法 -達人の処方箋-

抗凝固療法 -達人の処方箋-

2,268 円(税込)

著 者:山下武志(編集)
発行日:2014-11-20

抗凝固療法を臨床現場で実践するための達人たちのノウハウを紹介。抗凝固療法適応のためのリスク評価のポイント、各抗凝固薬の特徴とリスクスコアに基づいた薬剤の選択・使い方について解説。リスク評価の際に生じる質問とそれに対する回答も掲載する。

New and New 心房細動の抗凝固療法
著 者:山下武志(著)
発行日:2014-03-25

『Old and New 心房細動の抗凝固療法』に続く第2弾。前作で触れられなかった最新NOAC(新規経口抗凝固薬)3剤―リバーロキサバン、アピキサバン、エドキサバンの世界を山下流に解説。他剤との違いは?注意点は?使い分けは? NOAC初心者から上級者まで、読んで損はありません。

医学スーパーラーニングシリーズ 循環器内科学 (電子書籍版)
出版社:丸善出版
著 者:水野杏一(編集) 安武正弘(編集) 平山悦之(編集)
発行日:2013-10-10

循環器疾患の病因,病態,診断,治療のエッセンスをコンパクトに凝縮。図表を多用し、できるだけわかりやすい説明をこころがけ、病態生理等を理解した上で知識が整理できるように工夫した。さらに、参照されることが多い循環器疾患の診断,治療ガイドラインを巻末に記載した。医学生はもとより、初期研修医,他科の専門研修医,また多くのコメディカルの方々への格好の入門書。

40 件中 1 - 10件目を表示

カテゴリー一覧へ戻る