TOP > カテゴリー一覧 > 臨床医学:内科 > 呼吸器一般
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

呼吸器一般

36 件中 1 - 10件目を表示

先端医療シリーズ46 呼吸器疾患診療の最先端
著 者:杉山幸比古(編集主幹) 近藤丘(編集主幹) 中西洋一(編集主幹) 奥村明之進(編集主幹) 高橋弘毅(編集委員) 一ノ瀬正和(編集委員) 吉野一郎(編集委員) 本間栄(編集委員) 弦間昭彦(編集委員) 池田徳彦(編集委員) 須田隆文(編集委員) 伊達洋至(編集委員) 永安武(編集委員) 寺田弘司(編集委員)
発行日:2015-08-28

呼吸器内科・外科の最新のトピックスを網羅 呼吸器系の分子生物学、肺癌の最新の内科・外科&放射線治療、呼吸器感染症、びまん性肺疾患と間質性肺炎、COPDと気管支喘息、肺移植・肺再生、呼吸器内視鏡、呼吸器用薬剤に関する最新情報。

呼吸器疾患文献レビュー 2014―2015 最近の動向・文献紹介
著 者:橋本修(監修)
発行日:2014-08-01

呼吸器疾患において重要な10領域について最近の動向を総括し,さらに最新必読論文78を個別に解説.多忙な医師に贈る一冊.

呼吸機能検査テキスト 原理,測定法の実際から臨床例まで
出版社:呼吸研究
著 者:一ノ瀬正和(監修)
発行日:2014-04-01

呼吸器疾患の病態を深く理解するためには呼吸機能検査が必須である。本書は雑誌「呼吸」に2010年以降掲載した原稿を、再度著者に推敲、校正していただいて作成した。

薬剤師のための 喘息・COPD チームですすめる吸入指導のポイント
出版社:呼吸研究
著 者:福地義之助(監修), 山下直美(監修)
発行日:2013-10-01

本書は吸入指導の正しいあり方をとらえる上に大いに役立つと思う。

呼吸 Vol.32 No.7 増刊号 2013年7月
出版社:呼吸研究
著 者:「呼吸」編集委員会(編集)
発行日:2013-07-15

2010年1月に閉塞性肺疾患研究会は100回を迎えた。第100回記念誌としてCOPDに関する画期的研究論文をまとめた刊行物を出版、雑誌「呼吸」の別冊として発行することにより広く研究者が利用し医学文献誌として残るようできた。

気管支喘息 プライマリケア医のための診療のポイント
出版社:呼吸研究
著 者:福地義之助(監修), 東元一晃(編著), 井上博雅(編著), 玉田勉(編著), 一ノ瀬正和(編著), 山下直美(編著), 望月博之(編著), 岡輝明(編著), 山内広平(編著)
発行日:2013-03-01

『気管支喘息 プライマリケア医のための診療のポイント』は、実地診療で多数の気管支喘息患者の診療を担当されている先生方に向けて、気管支喘息に関する最新の情報を簡潔明快にそして臨床に直結した形で伝えることを議論し刊行に至った。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)プライマリケア医のための診療のポイント
出版社:呼吸研究
著 者:福地義之助(監修), 相澤久道(編著), 一ノ瀬正和(編著), 長瀬隆英(編著)
発行日:2012-03-01

タバコを最大のリスク因子とする肺の生活習慣病であるCOPD。その症例を提示して実地臨床にすぐに役立つ知識と情報をコンパクトにまとめる。プライマリケア医での診断と病診連携、COPD治療のポイントなどを解説。

呼吸 Vol.30 No.3 増刊号 2011年3月
出版社:呼吸研究
著 者:「呼吸」編集委員会(編集)
発行日:2011-03-24

2011年発刊30年になった、雑誌『呼吸』に掲載された総説や解説のなかからCOPDに関する論文を分野ごとに選択、編集。

インターネットでみる 『呼吸器』
出版社:呼吸研究
著 者:諏訪邦夫(著)
発行日:2010-03-10

雑誌『呼吸』に連載してきたものを主に、同じ『呼吸』に「呼吸器学の巨人たち」として掲載した項目をいくつか加えてまとめました。

日常診療・呼吸ケアに役立つ肺機能 第二版
出版社:大道学館出版部
著 者:相澤久道(監修) 井上博雅(編集) 久良木隆繁(編集) 藤井一彦(編集)
発行日:2008-04-14

呼吸機能の理解の基に行われる種々の臨床的手技の章を新たに追加。症例は代表的な疾患の呼吸機能異常を解釈すると同時に、それぞれの疾患についての基本的事項を解説し、より臨床に即したものに。

36 件中 1 - 10件目を表示

カテゴリー一覧へ戻る