TOP > カテゴリー一覧 > 基礎・関連科学 > 細胞/細胞工学
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

細胞/細胞工学

10 件中 1 - 10件目を表示

サイエンス・パレットSP-026 幹細胞と再生医療 (電子書籍版)
出版社:丸善出版
著 者:中辻憲夫(著)
発行日:2015-07-20

本書は、この分野で日本をリードしてきた著者が、多能性幹細胞の特徴、倫理問題の本質、世界の状況、そして治療や創薬への応用について、いま私たちに必要な知識を提供します。基礎研究で得られた知見を実際の治療につなげるにはどのような技術やプロセスが必要か、実用化への道筋がわかるのが本書の特長です。

図解 分子細胞生物学(電子書籍版)
出版社:裳華房
著 者:浅島誠(著), 駒崎伸二(著)
発行日:2014-11-20

基礎から最先端の話題まで,約500点の図版によってコンパクトに解説!本書は模式図を中心にして解説をすることで,最近の分子細胞生物学全般の知識をできるだけ効率よく理解することを目標にしている.本書を読んだ後,細胞の分子構造や,それらが果たす機能,さまざまな生命現象の制御のしくみなどについて,頭の中にはっきりとしたイメージが構築されるであろう.

絵ときシグナル伝達入門 改訂版
出版社:羊土社
著 者:服部成介(著)
発行日:2010-04-05

複雑なシグナル伝達がよく理解できた,と評判の入門書が待望の改訂!「どこで」「どの因子が」「どんなふうに」細胞の性質を決めているのかを丁寧に紐解きます.がんや分子標的薬など最新知見の記述もますます充実.

サイトカイン・ケモカインのすべて 基礎から最新情報まで 第三版改訂新版
出版社:日本医学館
著 者:笠倉新平(編集), 松島綱治(編集)
発行日:2004-08-09

本書は、学生から第一線の研究者までを読者対象にして、基礎から最新情報までを含むサイトカイン・ケモカインの現況をなるべくわかりやすく、なるべく全分野にわたって解説したものである。第三版改訂版。

医学研究のためのテクニカルガイダンス
著 者:谷口直之(編集)
発行日:2001-07-10

研究のブレークスルーに指針を与える医学研究テキスト!基礎医学を学ぼうとする方々のみでなく、薬学、歯学、理学、工学の分野から医学研究に参加されるすべての方々へ。

テロメア・テロメラーゼ

テロメア・テロメラーゼ

4,590 円(税込)

出版社:日本医学館
著 者:山木戸道郎(編著)
発行日:1999-07-30

第一線研究者によるわかりやすい概説と臨床指針。

テロメア,テロメラーゼ研究の決定版。

O2-/NO薬理学

O2-/NO薬理学

5,243 円(税込)

出版社:日本医学館
著 者:大柳善彦(著)
発行日:1997-01-10

本書が研究者ばかりでなく、臨床家にとって活性酸素とNOやその調節剤を勉強するうえで新しい成書となり、これによりこの分野の学問がさらに進むものと確信している。

フリーラジカルって何だ?

フリーラジカルって何だ?

1,350 円(税込)

出版社:日本医学館
著 者:近藤元治(著)
発行日:1991-07-17

フリーラジカルというのは,学問としてはけっして新しくはない,だが,臨床の分野では歴史が浅い.フリーラジカルの手引書。

活性酸素と発光

活性酸素と発光

2,700 円(税込)

出版社:日本医学館
著 者:中野稔(編集), 吉川敏一(編集)
発行日:1990-10-16

本書は、活性酸素および酸素が関与する発光現象について、発光のメカニズムから、発光の臨床医学への応用にわたって、この方面のエキスパートの執筆により編集した成書である。(「はじめに」より)

SODと活性酸素調節剤 ―その薬理作用と臨床応用
出版社:日本医学館
著 者:大柳善彦(著)
発行日:1989-11-06

本分野における文字どおりラジカルなpropagationの役割を果たした名著“スーパーオキサイドと医学”の著者が7年の歳月を経て完成させたのがこの“SODと活性酸素調節剤 −その薬理作用と臨床応用”である。

10 件中 1 - 10件目を表示

カテゴリー一覧へ戻る