TOP > カテゴリー一覧 > 医学一般 > 医学随想
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

医学随想

55 件中 1 - 10件目を表示

続・心臓外科医の見た医療事情
出版社:エピック
著 者:松田暉(著)
発行日:2013-07-15

大学広報の一環として「学長ブログ」を始めたのが平成21年2月でした。平成23年夏にそれまでの記事から医療問題に関するものを選び「心臓外科医の診た医療事情」を出版しました。学長としての任期が満了し大学を退職することになり、第二版(続編)を出版させていただくことにしました。(「序文」より)

透析とともに生きる

透析とともに生きる

2,592 円(税込)

出版社:メディカ出版
著 者:春木繁一(著)
発行日:2013-05-18

精神科医で透析患者の著者が半生を語る

続 透析とともに生きる

続 透析とともに生きる

2,808 円(税込)

出版社:メディカ出版
著 者:春木繁一(著)
発行日:2013-05-18

透析とともに生きた半生を精神科医が語る。精神科医であり透析患者である著者が、透析医療の草創期に透析導入となった正編に続き、死に直面しながら透析と向き合ってきた半生を綴った続編。家族の支えにより透析とともに生かされている日々を赤裸々に語る。サイコネフロロジーの課題をコラムで紹介。

奔流

奔流

3,780 円(税込)

出版社:日本医学館
著 者:高橋公太(編著)
発行日:2013-03-01

日本泌尿器科学会発足100周年を迎えたので、腎移植の歴史、著者が長年研究した「ABO血液型不適合腎移植」、わが国第1例目の腎移植成功例の関連文献を覆刻した。(「はじめに」より)

ゴルフ四方山話 Round2

ゴルフ四方山話 Round2

1,028 円(税込)

出版社:大道学館出版部
著 者:二木一白(著)
発行日:2013-02-26

この本が「ゴルフ四方山話」の第2巻となるので「第2ラウンド」と付けさせてもらった。この内容は第1巻に引続き、小生の大事ななゴルフコンペの案内状に若干の手を加えて、まとめたものである。(「はじめに」より)

コール先生の往診日記II たとえ死に至る病であっても、最期まで人生を肯定する ―それが在宅医療です
出版社:荘道社
著 者:岡林清司(著), 中村純明(著)
発行日:2012-12-05

「在宅医療専門クリニック」を開設して満7年が経ちました。この国では、「死」に対する大きな誤解が存在しているように思えてきました。その誤解を解かなければならないとの思いで、この「往診日記II」を書きはじめました。(「はじめに」より)

歳古りし外科医の独り言

歳古りし外科医の独り言

1,028 円(税込)

出版社:大道学館出版部
著 者:朔元則(著)
発行日:2012-03-20

2007年3月、九州医療センターを退職するに当たり、私は自分自身の人生の記録とも言うべき「わが一期一会 〜邂逅への謝念を込めて」というタイトルの記念誌を上梓した。それから丁度5年が経過しようとしているのである。そのほかにもエッセイを度々投稿しているので、この機会にこれらを一冊の本にまとめることにした。(序文より)

心臓外科医の見た医療事情

心臓外科医の見た医療事情

1,111 円(税込)

出版社:エピック
著 者:松田暉(著)
発行日:2012-01-17

ただ1例のみで中断されていた心臓移植手術を31年ぶりに執刀した著者は、今、補助人工心臓、移植医療、チーム医療、コメディカルの育成へと、医療の信頼と発展を願い、後進の育成に力を注いでいる。

医者の独り言 医師生活39年の日々を綴る
著 者:浦部昌夫(著)
発行日:2011-12-25

診療の合間に振り返る医師としての半生。教えを受けた恩師のこと、忘れられない同僚、病棟でのできごと。血液内科の医師として歩んだ39年の折々を綴った珠玉の1冊。

貧血と血液の病気

貧血と血液の病気

1,404 円(税込)

著 者:浦部昌夫(著)
発行日:2011-03-20

健やかであるために。命のもと・・・、血液のこと、お話しましょう。

55 件中 1 - 10件目を表示

カテゴリー一覧へ戻る