TOP > 商品詳細(カテゴリー 臨床医学:一般 ・ 臨床医学一般)
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

電子書籍詳細

突然死はなぜ起こる 第4版 ―発症の謎を解明する―

1,134 円(税込)

突然死はなぜ起こる 第4版 ―発症の謎を解明する―
書籍名突然死はなぜ起こる 第4版 ―発症の謎を解明する―
出版社日本プランニングセンター
発行日2008-02-11
著者熊木敏郎(著)
ISBN9784862270078
ページ数 312
版刷巻号第4版

メディカルブックオンラインセンター

冊子の書籍はこちら

高齢社会になって、脳・心臓の疾患による突然死が急増している。ピンピンコロリで、死の寸前まで健康であってポックリ死ぬことは理想と言われているが、寿命であればそれはそれでおめでたい事と言えるが、まだ妻子が若かったり、仕事半ばの壮年期だったりしたら、それは不幸な現象となる。そうならないための予防の書。

目次

各見出しをクリックすると詳細が表示されます

OPEN  表紙

第4版のまえがき

3


目次

5


カートに入れる

OPEN  I 突然死とは何か
216 円

1 平成元年春・文士の急死

14


2 幽明の境

17


3 脳死

19


4 DOA(来院時死亡)

21


5 突然死

27


6 監察医務院

32


カートに入れる

OPEN  II 脳卒中と突然死
216 円

1 脳卒中

42


2 突然死への過程

44


カートに入れる

OPEN  III 心臓性の突然死
216 円

1 ある人の例

50


2 突然死の発生と心臓障害との関連

57


3 突然死はいつ起こるか

60


4 突然死の病理的基盤

64


5 突然死の発生と処置

67


6 突然死の致死的不整脈

70


7 ペンシルバニアに発生した突然死

73


8 学童に起こる突然死

77


9 突然死と心筋異常

80


10 スポーツ時の突然死

83


カートに入れる

OPEN  IV 不整脈と突然死
216 円

1 平成二年の春・力士の急死

88


2 死体解剖

91


3 検屍

96


4 突然死の本態

98


5 突然死と自律神経系の影響

100


6 突然死と刺激伝導系異常

102


カートに入れる

OPEN  V ポックリ病
216 円

1 青壮年急死症候群

112


2 悪夢

121


3 乳児突然死症候群

132


4 ピックウィック症候群

137


5 バゴオン

145


6 夢魔の正体

152


7 アジア難民の突然死

163


8 ブルガダ症候群

168


(1) ある旅行者のエピソード(心臓の危機)

168


(2) ブルガダシンドローム

172


(3) 突然死とブルガダ症候群

175


(4) ブルガダ症候群の予後と治療

193


カートに入れる

OPEN  VI 突然死の原因
216 円

1 突然死原因のほぼ半数が心臓にある

197


2 突然死の発生は男性に多い

198


3 午前中の突然死が多い

200


4 突然死への第一段階

201


5 突然死への第二段階

202


6 突然死への第三段階

206


7 突然死への第四段階

209


8 突然死への第五段階

212


9 突然死への第六段階

217


10 突然死への進行過程

220


11 突然死発症を究明する手がかり(病理的検索の紹介)

222


12 突然死発症の謎を解明するキーポイント

225


カートに入れる

OPEN  VII 突然死の予防
216 円

序 突然死のリスクを減少するキーポイント

230


1 生へのUターン

231


(1) 突然死救助のための救急体制確立

231


(2) 致死的不整脈の発生防止

233


2 突然死街道への通行止め

237


(1) 疲労徴候の出現と対策

238


(2) 過疲労の元凶を知る

243


カートに入れる

OPEN  VIII 突然死対策の進展
216 円

1 突然死をめぐる社会の動き

252


(1) 救急救命士の誕生

253


(2) 医学界の反応

253


(3) マスメディアの反応

260


2 突然死対策の現状と将来

263


(1) 突然死の増加

263


(2) 関係当局の対応

266


(3) 突然死高度危険者の検出

268


OPEN  参考文献

索引

308


奥付


※ 表紙、序文、索引等は本文購入後、無料で閲覧可能となります

参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

参考文献を表示
VIII 突然死対策の進展
P.307 掲載の参考文献
4) (Anonymous) Update:Sudden unexplained death syndrome among southeast asian refugees united states. MMWR., 37 (37):568-570. 1988.

5) (Anonymous):Right ventricular cardiomyopathy and sudden death in young people [Letter]. N Engl J Med., 319 (3):174-176, 1988.

6) (Anonymous):Sudden cardiac death in obesity and hypertension. Lancet., 1 (8586):628-629, 1988.

7) (Anonymous):Concurrent morning increase in platelet aggregability and the risk of myocardial infraction and sudden cardiac death [Letter]. N Engl J Med., 317 (27):1736-1737, 1987.

9) (Anonymous):Sudden cardiac death. Risk stratification and potential for reduction by drug therapy. Symposium, held at the Xth world congress of cardiology. Washington, D. D., September 18, 1986. Cardiology, 74 (suppl 2):1-71, 1987.

11) Brugmann U., Hopf R., Kaltenbach M.:Sudden cardiac death during exercise. Incidence, aetiology and prevention. Bol Asoc Med. P R., 80 (9):332-333, 1988.

16) Cliff W J., Heathcote C R., Moss N S., Reichenbach D D.:The coronary arteries in cases of cardiac and noncardiac sudden death. Am J Pathol., 132 (2):319-329, 1988.

18) Coumel P.:Why do beta-blockers prevent sudden death? Acta Cardiol. (Brux),42 (6):425-430, 1987.

21) Copeland A R.:Sudden natural death due to pulmonary thromboembolism in the medical examiner's jurisdiction. Mea Sci Law.,27 (4):288-293, 1987.

27) Eichner E R.:Sudden death in racquet sports. Clin Sports Med., 7 (2):245-252, 1988.

28) Fisher C., Byrne J., Edwards A., Kahn E.:A psychophysiological study of nightmares. 747-782, 1969.

29) Firor W B., Faulkner R A.:Sudden death during exercise. How real a hazard? Can J Cardiol., 4 (6):251-254, 1988.

30) Featherston R G.:Care of sudden death survivors. The aberrant cardiac patients. Heart Lung, 17 (3):242-246, 1988.

34) Guarnieri T., Levine J H., Griffith L S., Veltri E P.:When“Sudden cardiac death”is not so sudden. Lessons learned from the automatic implantable defibrillator. Am heart J., 115 (1) PT 1:205-207, 1988.

35) 蓮尾裕, 石束隆男, 藤島正敏:各種疾患における急死〔脳血管障害〕, 臨牀と研究, 64 (6):54-59, 1987

39) 井上治, 加藤裕之:乳幼児期における急性心臓死, 臨牀と研究, 64 (6):42-46, 1987

41) 柏村征一:急死と法医, 臨牀と研究, 64 (6):11-15, 1987.

42) 黒川顕, 大塚敏文:外科診療, 30 (6):1988.

52) Le Heuzey J Y., Guize L.:Cardiac prognosis in hypertensive patients. Inciaence of sudden death and ventricular arrhythmias. Am J Med., 84 (1B):65-68, 1988.

59) 松本淳治:『眠りとはなにか』, 講談社, ブルーバックスB-281, 1988.

67) 仲谷虎之助, 渡辺富雄:青壮年急死症候群の徴候分類, 日法医誌, 33 (1), 55-61, 1979.

68) 西本幸男, 西田修実:Pickwick症候群と過呼吸症候群, 『呼吸困難』, 南江堂, 227-246, 1976.

69) Nolasco J. B.:An inguiry into “Bangungut”A. M. A. Arch Int. Med., 99:905-912, 1957.

70) 奥平雅彦:ポックリ症, 血液と脈管, 5 (7):21-28, 1974.

71) 沖島寳洋, 早川国男:各年齢層における急性心臓死〔学童期〕, 臨牀と研究, 64 (6):37-41, 1987.

72) 大国真彦:心臓性突然死, 小児内科, 15 (12):15-18, 1983.

73) 岡田了三:突然死の心臓病理, 臨床科学, 18 (2):183-191, 1987.

74) 小笠原定雄, 関口守衛, 前島一郎:心臓疾患における突然死, 臨床科学, 18 (2):142-149, 1987.

75) 奥平雅彦, 山田伸次:急死の病理, 臨牀と研究, 64 (6):5-10, 1987.

76) 岡田了三:各年齢層における急性心臓死〔若年期〕, 臨牀と研究, 64 (6):27-35, 1987.

77) 岡田了三:心臓性の急死, 岩手医誌, 34 (6):795-802, 1982.

78) 岡田了三:ポックリ病, 臨床成人病, 13 (6) 41-46, 1983.

79) 小笠原定雄, 関口守衛:各年齢層における急性心臓死〔中壮年期〕, 臨牀と研究, 64 (6):21-25, 1987.

80) 小沢友紀雄:突然死と不整脈, 治療, 70 (12):87-95, 1988.

81) Okuni M., Sumitomo N.:Sudden death of school childeren in Japan. Jpn Circ J., 51 (12):1397-1399, 1988.

82) Petersson B.:Analysis of the role of alchohol in mortality, particularly sudden unwithnessed death, en middleaged men in Malmo, Sweden. Alcohol Alcohol., 23 (4):259-263, 1988.

83) Pearce J W.:Editorial “Sudden death”[Letter]. Hawaii Med J., 47 (4):145-146, 1988.

85) Perkers G W., Michael L H., Ehtman M L.:An animal model to examine the response to environmental stress as a factor in sudden cardiac death. Am J Cardiol., 60 (18):9-14, 1987.

90) Robinson C C., Kuller L H., perper J.:An epidemiologic study of sudden death at work in an industrial country, 1979-1982. Am J Epidemiol., 128 (4):806-820, 1988.

92) Reppun J I.:Sudden death [Editorial]. Hawaii Med J., 46 (12):458, 1987.

95) 杉下靖郎, 飯田啓治, 松田光生, 上野正彦:スポーツと突然死, 臨牀と研究, 64 (6):106-109, 1987.

100) 高嶋幸男:乳幼児突然死症候群, 臨牀と研究, 64 (6):111-113, 1987.

101) 竹越襄:ピックウィック症候群, 現代医療, 14:871-876, 1982.

102) 照内忠晴:急死におけるヒト下垂体Oxytocinの活性値について, 日内分泌会誌, 52 (11), 1090-1098, 1976.

103) 高野照夫:狭心症と心筋梗塞の診断と治療, 大分県医学会雑誌, 7 (1):24-30, 1988.

106) Tang Z L.:Assessment of acupuncture in the prevention of sudden death from coronary heart disease. J Tradit Chin Med., 7 (2):143-146, 1987.

109) 上嶋権兵衛:急性心臓死に対する自動式体外除細動器の使用, 日本医事新報 3385:136-137, 1989.

111) 渡辺富雄:乳幼児急死症候群と青壮年急死症候群, 日法医誌, 31 (6), 323-334, 1977.

112) 渡辺富雄, 角田健司:青壮年急死症候群 (ポックリ病), 臨床科学, 14 (9):1072-1074, 1985.

114) Warren J V.:Monday morning sudden death. Trans Am Clin Climatol Assoc., 99:10-16, 1987.

118) 矢永尚士, 市丸雄平, 児玉泰幸, 畑洋一, 足立みちる:自律神経と急死, 臨牀と研究, 64 (6):91-97, 1987.

120) 富田喜文・高野照夫:突然死の機序と病態, 日本医師会雑誌, 106 (9):1349-1353, 1991.

121) 田辺晃久:不整脈と突然死, 日本医師会雑誌, 106 (9):1364-1368, 1991.

122) 上島弘嗣:突然死の実態とその原因, 日本医事新報, 3587:134-135, 1993.

123) 杉本恒明:心臓性突然死と不整脈, 日本医事新報, 3588:11-15, 1993.

124) 相原直彦:Brugada症候群, 内科, 82 ; 1:82-123, 1998.

125) 新博次他:右脚ブロック・右側胸部誘導 (V1〜V3) ST上昇をきたす症例 (Burugada症候群) の調査, 心臓, 28 (6), 1996.

126) David Chang, MD et al ; Sudden Cardiac Death Ischemic Heart Disease.『Comprehensive Therapy』1997 ; 23 (2):95-103.

127) Elton T Smith et al ; Sudden Death Associated With Hypoplasia of the Coronary Arteries and Conduction System Alteration. 『The American Journal of Forensic Medicine and Pathology』18 (2):189-193, 1997.

128) Gaetano Thiene, MD, et al:Cardiac Conduction System Abnormalities as a Possible Cause of Sudden Death in Young Athletes. ; Department of Pathology University of Padua, and the Laboratory of Histopathology, Milan. Italy. August 23 1982

129) JOSEP BRUGADA, MD., and PEDRO BRUGADA, MD:Further Characterization of the Syndrom of Right Bundle Branch Block, ST Segment Elevation and Sudden Cardiac Death. 『Journal of Cardiovascular Electrophysiology』Vol. 8, No.3, march 1997

130) 笠巻祐二:Brugada症候群, 臨床検査, 44 (6):2000. 6.

131) 神原啓文:ST上昇を伴う右脚ブロック様心電図, 心臓, 26 (9) 1994.

132) Laurie G Futterman et al ; Sudden Cardiac Death-Preventable-Reversible. American Journal of Critical Care, November 1997, 6 (6).

133) 中司昌美他:七年間に四回の失神発作を繰り返したBrugada型特発性心室細動の一例, 心臓, 28 (6):1996.

134) 岡田了三:各年齢層における急性心臓死, 若年期 ; 臨床と研究, 64 (6):1987. 6月.

135) 小川佑輔他:ジゾピラミドにより心電図所見が顕在化したと思われるBrugade型特発性心室細動の一例, 心臓, 28 (6):1996.

136) 大西祥男他:右脚ブロックパターンと持続性ST上昇を呈した突然死の一例, 心臓, 28 (6):1996.

137) REDRO BRUGADA MD, JOSEP BRUGADA MD:Right Bundle Branch Block, Persistent ST Segment Elevation and Sudden Cardiac Death:A Distinct Clinical and Electrocardiographic Syndrom. A Multicenter Report Peter J. Schwartz, Gaetano M, De Ferrari:The Influence of the Nervous System on Sudden Cardiac Death:Cardiology, 74:297-309 1987.

141) 島田恵他:持続性単形性心室頻拍を伴ったBrugada型心電図異常の一例, 心臓, 28 (6):1996.

参考文献を隠す
前のページへ戻るカートの中身を確認する