TOP > 商品詳細(カテゴリー 医療技術 ・ 介護/福祉)
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

電子書籍詳細

MSWハンドブック

1,512 円(税込)

MSWハンドブック
書籍名MSWハンドブック
出版社日本プランニングセンター
発行日2010-12-15
著者久保裕男(著)
ISBN9784862270108
ページ数 192

メディカルブックオンラインセンター

冊子の書籍はこちら

難病界初の支援相談ハンドブック!!
神経筋疾患支援に心血をそそいで30数年

目次

各見出しをクリックすると詳細が表示されます

OPEN  表紙

凡例

2


神経難病に血の通った経験を組みこんで

3


永年の難病相談・地域ケアの足跡の集大成

5


目次

7


はじめに

11


カートに入れる

OPEN  第I部 難病とソーシャルワーク
1,134 円

第1章 難病と社会保障制度、研究活動の変遷

15


1. 難病とは

15


2. 難病の歴史と対策の変遷

15


1) 難病対策の概要

15


2) 難病対策の歴史

17


3. 東京都を中心とした先駆的難病看護・研究活動の成果

27


4. 厚生省(現厚生労働省)研究班を中心とした研究成果

28


1) 厚生省特定疾患 難病の治療・看護に関する研究

29


2) 厚生省特定疾患 難病のケアシステム調査研究班研究報告

31


3) 長寿医療共同研究(神野進・国立病院機構刀根山病院副院長)

34


4) 厚生科学研究補助金特定疾患対策研究事業「特定疾患の地域支援ネットワークの構築に関する研究班(木村班)」

34


5) 「特定疾患患者の自立支援体制の確立に関わる研究」

39


6) 「政策ネット医療を基盤にした神経疾患の総合研究」

39


7) 日本難病ネットワーク研究会の成果と課題

40


5. 難病社会保障の実態と課題

41


1) 複合的支援としての難病社会保障

41


2) 難病患者等居宅生活支援事業

43


3) レスパイトの課題

43


4) 医療機器の飛躍的発展に伴う医療費増加と生命倫理の兼ね合い

44


第2章 難病ソーシャルワークの実践

45


1. 難病ソーシャルワークの歴史

45


1) 東京都から始まった難病ソーシャルワークの研究・実践

45


2) 各地における難病医療ソーシャルワーカー誕生と課題

47


3) 日本医療社会事業協会と難病

47


2. 難病ソーシャルワーク実践の特徴

51


1) 難病患者の心理的変化への理解とソーシャルワーク

51


2) 家族の理解

56


第3章 難病患者へのソーシャルワーク実践

59


1. 筋ジストロフィー病棟入院者に対する支援

59


1) 僕も学びたい、私も社会の中で働きたい

59


2) スイッチの神様との出会い:敏秀への支援

62


2. 南九州医療福祉研究会における在宅ケアに向けての研究・実践活動

67


1) 研究調査活動への参加:「南九州医療福祉研究会」での研究活動

67


2) 南九州医療福祉研究会とソーシャルワーク

68


3. 神経難病患者への本格的介入:4つの事例を通して考える

69


1) 1通の転院相談書から

69


2) MSWが自身の実践を分析研究する意味

72


3) ソーシャルワーク過程の区分について

73


4) ソーシャルワークの機能分類について

73


4. 難病支援検討会・学習会の成果とMSWの課題

107


第4章 地域医療連携室創設とMSW

109


1. 大転換を迎えた医療政策 在院日数短縮と地域医療連携

109


2. 神経内科病棟におけるソーシャルワーク

111


3. アセスメントシートの限界性とあらたなシートの開発

115


第5章 新たな時代の流れと重症難病患者MSWの課題

121


1. 飛躍的に向上した医療機器等による延命とソーシャルワークの課題

121


2. コミュニケーションアプローチ

122


3. 地域医療連携創設と医療ソーシャルワーカーの役割

122


1) 保健・医療・介護・福祉のスクランブル連携

122


2) 事例を通して考える

124


3) 退院支援はMSWの大きな業務の一つ

131


4. MSW(社会福祉士)と研修

133


5. 自己研鑚と「難病対策基本法」の早期制定と実施を

135


カートに入れる

OPEN  第II部 医療ソーシャルワーカーの歴史的検証
1,134 円

第6章 医療保障制度の歴史的検証

139


1. 保健・医療をめぐる戦後から今日までの流れ

139


1) 敗戦直後から昭和の時代まで

139


2) 平成の時代

140


2. わが国における医療保障制度の概要とその特徴

142


1) 仕組み・構造(structure)から考える

142


2) 仕掛け・機能(function)から考える

144


3) 仕切り(management)から考える

145


3. 公費医療負担制度の歴史と仕組み

146


1) 公費負担医療制度の概略

146


2) 医療保障制度の概要と公費負担医療等制度の関連

148


3) 難病と介護保険制度との関連

149


第7章 医療ソーシャルワークの歴史的検証

151


1. わが国における保健医療ソーシャルワーカーの成立過程

151


1) 医療ソーシャルワーカーの定義

151


2) 戦前における医療ソーシャルワーカーの活動

152


3) 戦後におけるMSWの活動の歴史

153


2. 医療ソーシャルワーカーが社会福祉士でなければならない根拠

158


1) ソーシャルワークの基本

158


2) 診療報酬と国家資格

162


3) 専門職団体の倫理綱領と行動指針

163


3. 社会福祉士を取り巻く近年の動き

165


OPEN  あとがき

索引

169


社会福祉年表

171


参考資料

187


奥付


※ 表紙、序文、索引等は本文購入後、無料で閲覧可能となります

参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

参考文献を表示
第I部 難病とソーシャルワーク
P.44 掲載の参考文献
1) 厚生労働省健康局疾病対策課: 平成20年度版, 難病対策提要, 2008

2) 重松逸造監修, 難病患者福祉研究会編著: 難病ケースワーク, メヂカルフレンド社, 1979

3) 西谷裕: からだの科学・難病, 日本評論社, 1996

4) 都立神経難病医療相談室編: 在宅の患者及び障害者に対する病院医療相談業務に関する研究, 昭和57年度臨床研究, 医療相談研究グループ執筆・編者 : 川村佐和子,高坂雅子,水上瑠美子,影山ツヤ子,伊藤淑子(都立大久保病院医療相談室)

5) 川村佐和子,伊藤淑子,高坂雅子著:神経難病の実践的ケア論,看護の科学社,1980.

6) 日本難病看護学会編集:難病看護文献目録集1,2,日本プランニングセンター

7) 厚生労働科学研究費補助金特定疾患対策研究事業

8) 「特定疾患対策の地域支援ネットワークの構築に関する研究班統括研究報告書」主任研究者木村格1999年-2001年度. 2002年-2004年度

9) 厚生科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 「重症難病患者の地域医療体制の構築に関する研究班平成 17〜19年度総合研究報告書」 主任研究者糸山泰人

P.57 掲載の参考文献
1) 重松逸造監修,難病患者福祉研究会:難病のケースワーク,メヂカルフレンド社,1979

2) 川村佐和子,伊藤淑子,高坂雅子著:神経難病の実践的ケア論,看護の科学社,1980

3) 日本医療社会事業協会研究誌「医療と福祉」

4) キューブラー・ロス:死の臨床,読売新聞社,1971

5) 上田敏:リハビリテーションを考える,P205-221,青木書店,1983

6) 後藤清恵:難病患者等ホームヘルパー養成研修テキスト改定第8版,P44-55,社会保険出版社,2007

7) 村田久行:ケアの思想と対人援助,川嶋書店,2002

8) 社団法人日本医療社会事業協会研究誌「医療と福祉」年4回発行

9) 岡村重夫:社会福祉原論,p81,社会福祉法人全国社会福祉協議会,1983

P.107 掲載の参考文献
1) 福永秀敏:難病と生きる,春苑堂書店,1999

2) 高橋信行:量的研究法と質的研究法の対立と和解,ソーシャルワーク研究,Vol.27.No4 相川書房, 2002

3) 南彩子:医療におけるソーシャルワークの展開,p33-48,相川書房, 2001

P.119 掲載の参考文献
1) 「新指針」の普及に向け(社)日本社会事業協会は以下のパンフを作成 「医療機関における社会福祉援助活動を促進するために〜医療ソーシャルワーカーを配置するにあたっての手引き〜」(社)日本社会事業協会.2006年7月

2) 渡部律子 : 高齢者援助における相談面接の理論と実際, 医歯薬出版1999

P.136 掲載の参考文献
1) 後藤清恵:難病患者ホームヘルパー養成研修テキスト改訂第8版,p50-52,社会保険出版社

第II部 医療ソーシャルワーカーの歴史的検証
P.150 掲載の参考文献
1) 川上 武 : 現代日本医療史,勁草書房,1965,p497-499

2) 月刊保団連 : 公費負担医療等の手引 第6版,全国保険医団体連合会,1999

3) 菅谷 章 : 日本医療制度史,原書房,1976

4) 立川昭二 : 病気の社会史,NHKブックス,1971

P.165 掲載の参考文献
1) 大野勇夫:社会福祉事典,P23,大月書店,2002

2) 50周年記念誌編集委員会:2003年, 日本の医療ソーシャルワーク史,(社)日本医療社会事業協会,p2-4,2003

3) 川上武:現代日本医療史,p497-499,勁草書房,1965

4) 日本社会福祉士会編集委員会: 日本社会福祉士会10年史, 日本社会福祉士会, 2003

5) 岡村重夫:保健医療・ソーシャルワークハンドブック,理論編,保健医療ソーシャルワーク研究会,p4,1990 岡村重夫:社会福祉原論,全国社会福祉協議会,1983

6) M ・ リッチモンド: ソーシャル・ケースワークとは何か,小松源助訳,中央法規,1991

7) F ・ Pバイステック: ケースワークの原則・新訳版,尾崎新,他訳,誠心書房, 1996

参考文献を隠す
前のページへ戻るカートの中身を確認する