TOP > 商品詳細(カテゴリー 歯科学 ・ 臨床歯科学)
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

電子書籍詳細

フォトダイナミックセラピーを用いた “光殺菌”歯周治療入門

6,480 円(税込)

フォトダイナミックセラピーを用いた “光殺菌”歯周治療入門
書籍名フォトダイナミックセラピーを用いた “光殺菌”歯周治療入門
出版社医学情報社
発行日2012-09-25
著者吉野敏明(編集) Veronique Benhamou(編集) 辰巳順一(執筆) 申基哲(執筆) Veronique Benhamou(執筆) Nicolas G.Loebel(執筆) 吉野敏明(執筆) 田中真喜(執筆) 小野里元気(執筆) 中澤正博(執筆)
ISBN9784903553429
ページ数 94
版刷巻号第1版第1刷

メディカルブックオンラインセンター

冊子の書籍はこちら

初期治療、インプラント周囲炎に著効のa-PDT(抗菌光線力学療法)とは。 歯周病原因菌の除去に目覚ましい効果を上げているPeriowaveを用いた治療の時代が始まります。

目次

本商品は単元での販売を行っておりません

表紙


はじめに

2


目次

4


I 概説編

5


1. 光線力学療法 ( Photodynamic Therapy ) とは

6


2. 医科領域における光線力学療法の応用

9


3. 歯周炎の治療における抗菌光線力学療法の応用

11


4. 口腔内における抗菌光線力学療法

20


5. 抗菌光線力学療法の基本的術式

36


II 臨床編

43


1. 歯周基本治療への応用

44


2. 歯周病急性発作の症状緩和

51


3. 歯内歯周病変への応用

57


4. 口腔粘膜疾患への応用

62


5. 歯周外科治療への応用

65


1. 術前消毒と術後消毒

65


2. 再生療法への応用

68


6. インプラント周囲炎への応用

76


1. 予防と進行抑止

76


2. 再生外科の可能性

83


奥付


参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

参考文献を表示
P.8 掲載の参考文献
1) 吉野敏明, 田中真喜, 青木章, 和泉雄一:"光" を用いた殺菌治療:抗菌光線力学療法, 歯周治療におけるフォトダイナミックセラピーの基礎と臨床. ザ・クインテッセンス, 30:140-149, 2011.

2) 吉川敏一:フリーラジカルの医学. 京府医大誌, 120:381-391, 2011.

3) Raab O:Uber die Wrkung fluorizierender stoffe auf Infusorien. Z Biol, 52:934-944, 1900.

P.10 掲載の参考文献
1) 加藤治文監修, 奥仲哲弥編集:PDTハンドブック/光線力学的治療のアドバンストテクニック. 医学書院, 東京, 2002.

2) 特定非営利活動法人日本レーザー医学会:PDT施行の安全ガイドライン. 特定非営利活動法人日本レーザー医学会ホームページ (http://www.jslsm.or.jp/index.html http://www.jslsm.or.jp/index.html).

P.19 掲載の参考文献
1) Deniell MD, Hill J S:A history of Photodynamictherapy. Aust N Z J Surg, 61:340-348, 1991.

3) Wainwright M:Photodynamic antimicrobial chemotherapy.J Antimicrob Chemother, 48:2173-2178, 2004.

4) Hass R, Dortbudak O, Mensdorff-Pouilly N, Mailath G:Elimination of bacteria on different implant surfacesthrough photosensitization and soft laser. Anin vitro study. Clin Oral Implants Res, 8:249-254, 1997.

7) Andersen R, Loebel N, Hammond D, Wilson M:Treatment of periodontal diseases by photodisinfection compared to scaling and root planing. J Clin Dent, 18:34-, 2007.

9) Komerik N, Wilson M, Poole S:The effect of photodynamic action on two virulence factors of gram negative bacteria. Photochem Photobiol, 72:676-680, 2000.

P.34 掲載の参考文献
8) Robertson PB:The residual calculus paradox. J Periodontol, 61:22-23,1990.

13) Galler C:Periodontal Summary Score. A New and Relevant Periodontal Assessment Guide. J Ont Dent Assoc, 1:21-28, 2000.

18) Frey WE:Localized therapy with controlled release antimicrobials. Course #5449, CME Resource, 1-20, 2009.

19) Zaura-Arite E, van Marle J, ten Cate JM:Confocal microscopy study of undisturbed and chlorhexidine-treated dental biofilm. J Dent Res, 80:1436-1440, 2001.

22) D'Alessio A, Piro E, Beretta F, et al:Lymphatic preservation using methylene blue dye during varicocele surgery:a single-center retrospective study. J Pediatr Urol, 4(2):138-140, 2008.

29) American Academy of Periodontology. www.perio.org

33) Bhatti M, MacRobert A, Henderson B,et al:Exposure of Porphyromonas gingivalis to red light in the presence of the lightactivated antimicrobial agent Toluidine Blue O decreases membrane fluidity. Curr Microbiol M, 45:118-122, 1998.

41) Musk DJ, Hergenrother PJ:Chemical countermeasures for the control of bacterial biofilms:effective compounds and promising targets. Curr Med Chem,13:2163-2177, 2006.

P.38 掲載の参考文献
1) Andersen R, Loebel N, Hammond D, Wilson M:Treatment of periodontal disease by photodisinfection compared to scaling and root planing. J Clin Dent, 18(2):34-38, 2007.

2) 奥田克爾:デンタルプラーク細菌の世界-その病原性とミクロの戦い. 医歯薬出版, 東京, 1993.

P.39 掲載の参考文献
1) Ondine Biopharma Periowave(TM) Program Overview, February 12, 2009 AAP program.

P.40 掲載の参考文献
1) Deniell MD, Hill JS : A histry of Photodynamic therapy. Aust N J Surg, 61:340-348, 1991.

2) 吉江弘正:歯周治療で菌血症は生ずるか? その意味は? どうする?. 日歯周誌, 51:96-96, 2009.

P.41 掲載の参考文献
1) 公益財団法人日本中毒情報センター医師向け中毒情報. 解毒剤メチレンブルー ver.2.02.

2) 内藤裕:メトヘモグロビン生成物質 ; 中毒百科. 南山堂, 東京, 1991, 75-79.

表紙
P.50 掲載の参考文献
1) アメリカ歯周病学会編 (石川烈監訳):AAP歯周疾患の最新分類. クインテッセンス出版, 東京, 2001.

2) 日本歯周病学会編:歯周病の診断と治療の指針/2007. 医歯薬出版, 東京, 2007.

3) American Academy of Periodontology:Systemic Antibiotics in Periodontics Research, Science and Therapy Committee and approved by the Board of Trustees of AAP, J Periodontol, 75(11):1553-1565, 2004.

4) 日本歯周病学会:歯周病患者における抗菌療法の指針. 医歯薬出版, 東京, 2011.

5) 三辺正人, 吉野敏明 編:細菌検査を用いた歯周治療のコンセプト. 医学情報社, 東京, 2005.

9) 奥田克爾:デンタルプラーク細菌の世界/その病原性とミクロの戦い. 医歯薬出版, 東京, 1993.

10) 奥田克爾:デンタルバイオフィルム. 医歯薬出版, 東京, 2010.

12) AAP program:Ondine Biopharma Periowave- Program Overview, February 12, 2009.

16) Andersen R, Loebel N, Hammond D, Wilson M:Treatment of periodontal disease by photodisinfection compared to scaling and root planing. J Clin Dent, 18(2):34-38, 2007.

18) 内藤裕:メトヘモグロビン生成物質 ; 中毒百科. 南山堂, 東京, 1991, 75-79.

P.56 掲載の参考文献
1) 村山洋二, 他:ミノサイクリンの局所的応用による歯周炎治療法, 軟膏器材との二重盲検比較試験. 日歯周誌, 30:206-222, 1988.

P.61 掲載の参考文献
P.64 掲載の参考文献
P.67 掲載の参考文献
1) 江澤庸博:一からわかるクリニカルペリオドントロジー. 医歯薬出版, 東京, 2001, 3-8.

2) 千葉県歯科医師会:歯科社会保険診療の手引き. 社団法人千葉県歯科医師会, 千葉, 2010, 185-203.

3) 和泉雄一編:ザ・ペリオドントロジー. 永末書店, 東京, 2009.

4) 吉野敏明:Quintessence DENTAL Implantology別冊 ; OJ 10thミーティング抄録集. クインテッセンス出版, 東京. 2012, 40-45.

P.75 掲載の参考文献
2) 吉江弘正, 宮本泰和:再生歯科のテクニックとサイエンス. クインテッセンス出版株式会社, 東京, 2005.

3) National Toxicology Program:NTP Toxicology and Carcinogenesis Studies on methylene Blue Trihydrate (CAS NO.7220-79-3) in F344/N rats and B6C3F1 mice. Natl Toxico Program Tech Rep Ser. 2008 May;(540):1-224.

5) Komerik N, et al:The effect of photodynamic action on two virulence factors of gram-negative bacteria. Photochem Photobiol, ; 72(5):676-680, 2000.

6) 吉野敏明, 三辺正人編:細菌検査を用いた歯周治療のコンセプト. 医学情報社, 東京, 2005.

P.82 掲載の参考文献
2) Wyatt CC, Zarb GA:Treatment outcomes of patients with implant-supported fixed partial prostheses. Int J Oral Maxillofac Implants, 13(2):204-211, 1998.

3) 和泉雄一, 吉野敏明編:インプラント周囲炎を治療する ; VIII-1. インプラント周囲炎と類似したX線写真像とその鑑別診断 (依田泰). 医学情報社, 東京, 2010.

12) 吉野敏明:抗菌光線力学療法 (antimicrobial PDT) を歯周治療に局所応用した歯周病原細菌の殺菌効果. 日本歯周病学会会誌, 52(2):108, 2010.

P.91 掲載の参考文献
参考文献を隠す
前のページへ戻るカートの中身を確認する