TOP > 商品詳細(カテゴリー 臨床医学:内科 ・ 脳外/神経内科)
カテゴリーメニュー
メディカルオンラインイーブックス 出版社登録のお願い
メテオ・メディカルブックセンター Twitterはこちら
メディカルオンライン
メテオ・メディカルブックセンター

電子書籍詳細

誰にでもわかる神経筋疾患119番

2,646 円(税込)

誰にでもわかる神経筋疾患119番
書籍名誰にでもわかる神経筋疾患119番
出版社日本プランニングセンター
発行日2007-04-10
著者金澤一郎(監修), 河原仁志(編集), 月刊「難病と在宅ケア」編集部(編集)
ISBN9784862270061
ページ数 264
版刷巻号第1版

メディカルブックオンラインセンター

冊子の書籍はこちら

厚労省特定疾患の各研究班主要メンバーが総力を挙げ、現時点での最新情報を網羅。従来、その存在が孤立していた各種難病を
横断的に網羅。

目次

各見出しをクリックすると詳細が表示されます

OPEN  表紙

監修者の言葉

2


目次

4


執筆者一覧

6


本書の使い方

7


カートに入れる

OPEN  I 序論
810 円

第1章 神経筋疾患と神経難病

11


第2章 診断と治療

17


カートに入れる

OPEN  II 神経筋疾患の特徴
810 円

第3章 進行性の経過をとることが多い

23


第4章 遺伝子変化による疾患が多い

26


第5章 全身の医療的管理が求められる

31


第6章 呼吸障害が起きやすい

38


第7章 心機能障害をきたす疾患群が存在する

43


第8章 摂食・嚥下障害の対策が重要である

47


カートに入れる

OPEN  III 神経筋疾患の代表的症候とその対処
810 円

第9章 運動障害と日常生活困難

51


第10章 呼吸障害

61


第11章 摂食・嚥下障害

70


第12章 心不全・不整脈

80


第13章 褥瘡

85


第14章 排尿障害

88


カートに入れる

OPEN  IV 疾患各論
810 円

第15章 筋ジストロフィー総論

99


第16章 デュシェンヌ型筋ジストロフィー

101


第17章 先天性筋ジストロフィー(福山型を中心に)

109


第18章 筋強直性ジストロフィー

123


第19章 肢帯型筋ジストロフィー

133


第20章 脊髄性筋萎縮症

139


第21章 筋萎縮性側索硬化症疾患の概略

147


第22章 筋萎縮性側索硬化症症状への対処

149


第23章 パーキンソン病

156


第24章 多発性筋炎 / 皮膚筋炎

174


第25章 脊髄小脳変性症

181


第26章 重症筋無力症

194


第27章 多発性硬化症

205


カートに入れる

OPEN  V 神経筋疾患をとりまく諸問題
810 円

第28章 「告知」に関するアドバイス

215


第29章 告知についての私見

217


第30章 ALSの人工呼吸

218


第31章 神経筋疾患の在宅医療

224


第32章 医療助成制度と福祉サービスを使う

228


OPEN  索引

参考資料

241


奥付


※ 表紙、序文、索引等は本文購入後、無料で閲覧可能となります

参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

参考文献を表示
I 序論
P.16 掲載の参考文献
1) 西山賢一 : 免疫ネットワークの時代, 日本放送出版協会, 1995

2) 岩下宏 : 神経難病の手引き, 国立療養所筑後病院, 1995

3) 福永秀敏 : 難病と生きる, 春苑堂, 1999

II 神経筋疾患の特徴
P.25 掲載の参考文献
1) 中島孝 : 総論 : 緩和ケアとは何か. 難病と在宅ケア, 9巻, 8号 : 7-11, 2003

P.37 掲載の参考文献
1) John R Bach : 神経筋疾患の評価とマネジメント, 診断と治療社, 東京, 1999年, 100頁.

2) 日本神経学会治療ガイドラインALS治療ガイドライン2002, 臨床神経学, 42巻 : 678-719, 2002年.

3) Miller RG, Rosenberg JA, Gelinas DF, Mitsumoto H et al : Practiceparameter : the care of the patient with amyotrophiclateral sclerosis (anevidenced review) : report of the Quality Standards Subcommittee of the American Academy of Neurology, Neurology, Vol 52 : 1311-1323, 1999年.

4) 清水俊夫ら : 呼吸補助・経管栄養下のALS患者の必要エネルギー量の検討, 臨床神経学, 31巻, 255-259, 1991年.

5) 難病対策研究会 : 平成15年度版難病対策提要, KK太陽美術, 東京, 2003年, 188頁

P.42 掲載の参考文献
2) Katirji B. : Clinical Assessment in Neuromuscular Disorders. Neuromuscular disorders in clinical practice, Katirji B. Butterworth-Heinemann, Woburn. 2002 : p3-19

3) 石川悠加, 三浦利彦, 神経筋疾患. 呼吸運動療法の理論と技術. 本間生夫監修, 田中一正, 柿崎藤泰編集, メジカルビュー社, 東京, 2003 : p237-260

4) Zaidat OO, Suarez JI, Hejal RB : Critical and respiratory care in neuromuscular diseases. Neuromuscular disorders in clinical practice, Katirji B. Butterworth-Heinemann, Woburn. 2002 : p384-99

7) Clinical indications for noninvasive positive pressure ventilation in chronic respiratory failure due to restrictive lung disease, COPD, and nocturnal hypoventilation-A consensus conference report. Chest 1999 ; 116 : 521-34

9) 石川悠加, 三浦利彦, 小児. 呼吸運動療法の理論と技術. 本間生夫監修, 田中一正, 柿崎藤泰編集, メジカルビュー社, 東京, 2003 : p261-280

10) Myasthenia gravis and Lambert-Eaton myasthenic syndrome. in Neuromuscular disease : Expert clillicians-views. Rahman Pourmand ed. Butterworth-Heinemann, Woburn, 2001, p439-457

11) 北住映二. 重度脳性麻痺児の療育の基盤としての医療-QOL改善のためのケアの進歩と課題. 脳と発達30 : 207-214, 1998

P.46 掲載の参考文献
2) Katirji B. : Clinical Assessment in Neuromuscular Disorders. Neuromuscular disorders in clinical practice, Katirji B. Butterworth-Heinemann, Woburn. 2002 : p3-19

6) 石川悠加編著. 非侵襲的人工呼吸療法ケアマニュアル, 日本プランニングセンター, 2004

13) Urtizberea JA, et al. Dilated cardiomyopathy and related cardiac disorders in muscular dystrophy. Emery AEH eds. The muscular dystrophies. Oxford university press. p202-222. 2001

14) Emery AEH, Muntoni F. Management, In Emery AEH, Muntoni F. ed. Duchenne muscular dystrophy Third edition, Oxford university press, New York, 2003, p207-246

16) Scott WA, Iannaccone ST. Intensive care management, including cardiorespiratory care. In Jones HR Jr., De Vivo DC, Darras BT. ed. Neuromuscular disorders of infancy, childhood, and adolescence : Aclinician’s approach. Elsevier Science, Philadelphia, pp1237-1250, 2003

III 神経筋疾患の代表的症候とその対処
P.60 掲載の参考文献
1) 小林量作・近藤隆春 : パーキンソン病患者の生活指導. 難病と在宅ケア8 (1) : 36-40, 2002

2) 藤島一郎 : 脳卒中の摂食・嚥下障害, 医歯薬出版, 東京, 1994, p75-107

3) 小林量作・近藤隆春 : パーキンソン病患者が家庭で行う運動. 難病と在宅ケア8 (1) : 56-59, 2002

4) 中馬孝容・眞野行生 : パーキンソン病. 総合リハ28 (9) : 805-810, 2000

5) 平山恵造 : 脊髄小脳変性症の診断基準・重症度分類. 内科55 : 1334-1336, 1985

6) 福屋靖子ら (分担訳) : 神経筋促通手技. 協同医書出版, 東京, 1976, p97-130

7) 福本和仁 : 失調症患者に対する装具と理学療法. PTジャーナル36 (9) : 658-666, 2002

8) 服部一郎ら : リハビリテーション技術全書. 医学書院, 東京, 1975, p511-523

9) 望月久 : 脊髄小脳変性症患者障害像の臨床経過. 理学療法学21 : 315-319, 1994

P.68 掲載の参考文献
1) 石川悠加編著. 非侵襲的人工呼吸療法ケアマニュアル, 日本プランニングセンター. 2004

2) Bach J R著, 大澤真木子監訳 : 神経筋疾患の評価とマネジメントガイド. 診断と治療社, 東京, 1999.

3) 石川悠加, 三浦利彦 : 神経筋疾患. 本間生夫, 田中一正, 柿崎藤泰編. 呼吸運動療法の理論と技術. メジカルビュー社, 2003

4) 石川悠加 : 呼吸ケア. SMAハンドブック作成委員会 ; SMA (脊髄性筋萎縮症) ってなに? SMA (脊髄性筋萎縮症) 家族の会, 2002, pp34-54.

5) 石川悠加, ジョン ロバート バック. 総説 ポストポリオ症候群としての呼吸障害, 呼吸と循環51 : 1121-1127, 2003

6) 石原英樹, 木村謙太郎, 縣俊彦. 在宅呼吸ケアの現状と課題-平成13年度全国アンケート調査報告-. 厚生省特定疾患呼吸不全調査研究班平成13年度研究報告書, p68-71, 2002

8) 小川龍監修, 坂本篤裕, 竹田晋浩編集. 最近の人工呼吸法のながれ : 人工呼吸法の変遷からNon-Invasive Ventilatiomまで. 真興交易, 東京, 2003

10) Clinical indications for noninvasive positive pressure ventilation in chronic respiratory failure due to restrictive lung disease, COPD, and nocturnal hypoventilation-Aconsensus conference report. Chest 1999 ; 116 : 521-34

11) British Thoracic Society Standards of Care Committee. BTS Guideline. Non-invasive ventilation in acute respiratory failure. Thorax 57 : 192-211, 2002

12) Bach JR ed. Noninvasive mechanical ventiation, Hanley & Belfus Inc. Medical publishers, Philadelphia, 2002

13) Simonds AK, ed. Noninvasive respiratory support. A practical handbook (second edition) , Arnold, A member of the Hodder Headline group, London, 2001

14) Chen AC, Bach JR Prevention of pulmonary morbidity for patients with neuromuscular disease. Chest 2000 ; 118 : 1390-1396

15) Bach JR, ed. Management of patient with neuromuscular disease, Hanley & Belfus Inc. Medical publishers, affiliated Elsevier, Philadelphia, 2004

16) 石川悠加, 多田羅勝義, 石原傳幸, 神野進. 慢性呼吸不全に対する非侵襲的換気療法ガイドライン. 神経筋疾患. Therapeutic Research 25 : 37-40, 2004

17) 川村佐和子編著 : 筋・神経系難病の在宅看護-医療依存度が高い人々に対する看護-. 日本プランニングセンター, 1994

19) Bach JR. Amyotrophic lateral sclerosis. Prolongation of life by noninvasive respiratory aids. Chest 2002 ; 122 : 92-98

25) Zaidat OO, Suarez JI, Hejal RB : Critical and respiratory care in neuromuscular diseases. Neuromuscular disorders in clinical practice, Katirji B. Butterworth-Heinemann, Woburn. 2002 : p384-99

26) 長門五城, 三浦利彦, 石川悠加ら. 呼吸理学療法により抜管できた, 急性呼吸不全を呈したDuchenne型筋ジストロフィーの1例. 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 12 : 24-30, 2001

28) 佐藤圭右, 石川悠加, 石川幸辰, 泉達郎, 岡部稔, 南良二. 福山型先天性筋ジストロフィー年長患者における臨床経過と各種人工呼吸療法の臨床効果と評価. 脳と発達. 2002 ; 34 : 12-23

29) 佐々木征行, 須貝研司, 花岡繁, 他 : 小児進行性中枢神経疾患の慢性呼吸障害に対する人工呼吸管理について. 脳と発達 33 : 253-258, 2001

P.79 掲載の参考文献
1) 才藤栄一 : 摂食・嚥下障害の治療戦略. 神経内科. 58 : 295-302, 2003.

2) 金子芳洋ら : 摂食・嚥下リハビリテーション. 医歯薬出版, 1998, pp110-111.

3. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 : 嚥下造影の標準的手順 (http:/www.fujita-hu.ac.jp/~Nrehabmed/jsdr/ennge_zouei/index_engemuei.htrnl)

4) 本多知行ら : 医師・歯科医師のための摂食・嚥下障害ハンドブック. 医歯薬出版, 2001, pp83-85.

5) 高橋浩二 : 頚部聴診による嚥下障害診断法. (ビデオ) 医歯薬出版.

6) 藤島一郎ら : 嚥下リハビリテーションと口腔ケア. メヂカルフレンド社, 2006, pp258-269.

7) 藤島一郎 : よくわかる嚥下障害. 永井書店, 2001, p212-220.

8) 野崎園子ら : 筋萎縮性側索硬化症の摂食・嚥下障害対策. 医療. 10 : 615-619, 2003.

9) 野崎園子 : ALSにおける嚥下障害の問題点と対策. 神経内科. 58 : 277-284, 2003.

P.84 掲載の参考文献
1) 石川悠加編著 : 非侵襲的人工呼吸療法ケアマニュアル, 日本プラニングセンター, 2004

2) Urtizberea JA, et al. : Dilated cardiomyopathy and related cardiac disorders in muscular dystrophy. Emery AEH eds. The muscular dystrophies. Oxford university press. Oxford, 2001, p202-222.

3) 林同文ら : 大規模臨床トライアル結果を活かす. 特集 : うっ血性心不全の治療-新世紀への展開. Heart View 5 : 94-105, 2001.

P.95 掲載の参考文献
1) 土田正義, 西沢理 : 神経因性膀胱, 排尿の生理. "新臨床泌尿科全書 (第4巻 B)" 1986, p1, 金原出版.

2) 服部孝道, 安田耕作, 平山恵造 : 神経因性膀胱の鑑別診断. 神経進歩28 (3) : 449, 1984.

3) 白岩康夫, 山口脩 : 目で見る排尿障害-排出障害から蓄尿障害まで- : メジカルビュー社, 15, 1995.

4) 服部孝道, 安田耕作 : 神経因性膀胱の診断と治療第2版 : p179, 1990, 医学書院.

5) 服部孝道ら : 神経疾患による排尿障害ハンドブック2版 : p179, 1990, 三輪書店.

6) 安田耕作ら : 排尿障害の薬物治療, 2000, 三輪書店

7) 武田正之 : 薬剤性・医原性排尿障害, 298-301新図説泌尿器科学講座第6巻, 2000, メジカルビュー社.

IV 疾患各論
P.108 掲載の参考文献
2) Non-invasive respiratory support. (Second edition) Arnold London 2001

4) 非侵襲的人工呼吸療法ケアマニュアル〜神経筋疾患のための〜石川悠加 日本プランニングセンター 千葉 2004

5) Bach JR : Guide to the evaluation and management of neuromuscular disease.

6) 石川悠加, 三浦利彦 : 神経筋疾患 呼吸運動療法の理論と技術 (本間生夫監修) メディカルビュー社 東京 2003

7) Mori K, Manabe T, Nii M, et al. Plasma levels of natriuretic peptide and echocardiographic parameters in patients with Duchenne’s progressive muscular dystrophy. Pediatric Cardiology 23 : 160-166, 2002

8) 筋ジストロフィー患者さんのための楽しい食事 (福永秀敏監修) 診断と治療社 東京 2002

P.121 掲載の参考文献
1) Dubowitz V. Muscle disorders of childhood, 2nd ed. Philadelphia : WB Saunders, 1995.

2) 埜中征哉 臨床のための筋病理 第三版. 1999 日本医事新報社. 東京

3) Fukuyama, Y. ; Kawazura, M. ; Haruna, H. : A peculiar form of congenital progressive muscular dystrophy : report of fifteen cases. Paediat. Univ. Tokyo 4 : 5-8, 1960.

6) Toda, T. ; Miyake, M. ; Kobayashi, K. ; Mizuno, K. ; Saito, K. ; Osawa, M. ; Nakamura, Y. ; Kanazawa, I. ; Nakagome, Y. ; Yokunaga, K. ; Nakahori, Y. : Linkage-disequilibrium mapping narrows the Fukuyama-type congenital muscular dystrophy (FCMD) candidate region to less than 100 kb. Am. J. Hum. Genet. 59 : 1313-1320, 1996.

9) Kondo-Iida, E. ; Kobayashi, K. ; Watanabe, M. ; Sasaki, J. ; Kumagai, T. ; Koide, H. ; Saito, K. ; Osawa, M. ; Nakamura, Y. ; Toda, T. : Novel mutations and genotype-phenotype relationships in 107 families with Fukuyama-type congenital muscular dystrophy (FCMD) . Hum. Molec. Genet. 8 : 2303-2309, 1999.

12) 大澤真木子, 福山幸夫. 先天性筋ジストロフィー. 杉田秀夫, 小澤金英二郎, 埜中征哉編著. 新筋肉病学. 517-536 1995 南江堂 , 東京

13) Aida, N. ; Yagishita, A ; Takada, K ; Katsumata, Y. : Cerebellar MR in Fukuyama congenital muscular dystrophy : polymicrogyria with cystic lesions. Am. J. Neuroradiol. 15 : 1755-1759, 1994.

14) 大川弥生, 上田敏, 江藤文夫ほか. 福山型先天性筋ジストロフィー症 (広義) の運動障害の経過についての検討. リハビリテーション医学 1985. 22 : 197-202

15) 向山昌邦ら. 先天性福山型筋ジストロフィーの寿命, 死因及び解剖所見に関する研究-24剖検例の検討. 臨床神経学1993 : 33 : 1154-6

16) Manzur AY, Muntoni F, Simmonds A A muscular dystrophy campaign sponsored workshop : recommendation for respiratory care of children with spinal muscular atrophy type「II and III」. 13th February 2002 London, UK Neuromuscular disorders ; 13 : 184-189, 2003

17) 佐藤圭右, 石川悠加, 石川幸辰, 泉達郎, 岡部稔, 南良二. 福山型先天性筋ジストロフィー年長患者における臨床経過と各種人工呼吸療法の臨床後下と評価 脳と発達 34 : 12-23, 2002

18) 石川悠加編著 : 非侵襲的人工呼吸療法ケアマニュアル〜神経筋疾患のための〜. 2004 日本プランニングセンター. 千葉

20) 平山義人, 鈴木文晴, 有馬正高. 東京都における学齢期の福山型先天性筋ジストロフィーの実態. 脳と発達 1992 : 24 : 27-31

P.132 掲載の参考文献
1) Moxley III R : Myotonic muscular dystrophy. In : Handbook of Clinical Neurology vol 62, ed by Vinken PJ et al. Elsevier, Amsterdam, 1992, p 209-259

2) Harper PS et al : Myotonic dystrophy. In : Myology 2nd edition vol 2, ed. byEngel AG et al. McGraw-Hill, New York, 1994. p1192-1219

3) 川井充 (編) : 筋強直性ジストロフィーの治療とケア, 医学書院, 東京, 2000

4) 宮下泉ら : 筋緊張性ジストロフィーの骨格筋CT. 臨床神経 30 : 24-28, 1990

5) 酒井素子 : 神経病理学. 筋強直性ジストロフィーの治療とケア, 川井充編, 医学書院, 東京, 2000, p153-159

6) 松岡幸彦ら : 筋強直性ジストロフィーの予後と死因. 医療 50 : 547-550, 1996

7) 川井充ら : 筋ジストロフィー死亡年齢と死因-国立筋ジストロフィー担当27施設における分析. 神経治療 20 : 322, 2003

8) 五十嵐俊光 : リハビリテーション. 筋強直性ジストロフィーの治療とケア, 川井充編, 医学書院, 東京, 2000, p37-50

9) 堀洋美ら : 筋強直性ジストロフィーの心機能-10年間の追跡. 医療の広場 43 : 22-25, 2003

10) 田村拓久 : 心不全. 筋強直性ジストロフィーの治療とケア, 川井充編, 医学書院, 東京, 2000, p74-79

11) 尾野精一ら : 筋緊張性ジストロフィーにおける延髄弓状核の神経病理学的研究. Neuropatho123 (supl) : 125, 2003

12) 久留聡 : 神経筋疾患における人工呼吸器治療のリスクマネージメント-医師の立場から-筋強直性ジストロフィー. 医療 56 : 266-270, 2002

14) 堀川博誠ら : 筋緊張性ジストロフィーにおける臥位での低酸素血症の増悪. 臨床神経 32 : 1057-1060, 1992

15) 中山貴博ら : 筋強直性ジストロフィーの呼吸調節機能異常. 臨床神経 39 : 1006-1009, 1999

16) 尾方克久ら : 呼吸機能と夜間酸素飽和度の対比からみたDuchenne型および筋強直性ジストロフィーにおける呼吸不全の相違. 臨床神経 36 : 850-853, 1996

17) 関谷智子 : 知能. 筋強直性ジストロフィーの治療とケア, 川井充編, 医学書院, 東京, 2000, p160-166

19) 花山耕三ら : 咀嚼および嚥下障害. 筋強直性ジストロフィーの治療とケア, 川井充編, 医学書院, 東京, 2000, p115-121

20) 酒井素子ら : 筋強直性ジストロフィーの摂食. 平成12年度厚生省精神・神経疾患研究費による研究報告書 (2年度班・初年度班) , 国立精神・神経センター, 2002, p131

21) 小長谷正明ら : 筋強直性ジストロフィー患者の摂食・嚥下障害の現状と問題点. 平成12年度厚生省精神・神経疾患研究費による研究報告書 (2年度班・初年度班) , 国立精神・神経センター, 2000, p289

22) 三谷美智子ら : 肥満. 筋強直性ジストロフィーの治療とケア, 川井充編, 医学書院, 東京, 2000, p125-130

23) 松岡幸彦ら : わが国における筋強直性ジストロフィーの臨床症候と障害度一全国アンケートの調査の解析から-. 脳と神経 40 : 947-952, 1988

P.138 掲載の参考文献
1) 砂田芳秀 : LGMDIA, LGMDIB, LGMDIC, LGMDID. 領域別症候群シリーズ 骨格筋症候群 (上巻) p67-78, 2001, 日本臨床社

2) 川井尚臣 : LGMD2A. 領域別症候群シリーズ 骨格筋症候群 (上巻) p79-83, 2001, 日本臨床社

3) 青木正志 : LGMD2B. 領域別症候群シリーズ 骨格筋症候群 (上巻) p84-87, 2001, 日本臨床社

4) 松村喜一郎 : LGMD2C, LGMD2D, LGMD2E, LGMD2F, LGMD2G, LGMD2H. 領域別症候群シリーズ 骨格筋症候群 (上巻) p88-96, 2001, 日本臨床社

5) Kaplan J-C, Beckmann J S, Fardeau M : Limb girdle muscular dystrophies. Karpati G, Hilton-Jones D, Griggs R C (ed) Disorders of Voluntary Muscle 7th edition p433-463, 2001, Cambridge University Press, Cambridge

6) 埜中征哉 : 肢帯型筋ジストロフィー. 臨床のための筋病理 第3版 p68-70, 1999, 日本医事新報社

7) 筋ジストロフィーと呼吸リハビリテーション. 厚生労働省精神神経疾患研究委託費・筋ジストロフィー患者のケアシステムに関する総合的研究班 (福永秀敏班長) 平成13年8月ワークショップ抄録 (市販していないが国立病院機構筋ジス施設には保存してある. )

8) 工藤重幸 : 在宅医療における問題点と対策. 川井充編集 筋強直性ジストロフィーの治療とケア p219-233, 2000, 医学書院

P.145 掲載の参考文献
1) Dubowitz V. Muscle disorders in childhood. London・Philadelphia Toronto・Sydney・Tokyo : W.B. Saunders, 1995, 325-69.

8) Laufersweiler-Plass C, et al. Developmental Medicine & Child Neurology 45 : p44-49, 2003

9) John R Bach (大澤真木子監訳) : 神経筋疾患の評価とマネジメント, 診断と治療社, 東京, 1999

10) 石川悠加編著. 非侵襲的人工呼吸療法ケアマニュアル-神経筋疾患のための-. 日本プランニングセンター, 2004.

11) SMAハンドブック作成委員会編集. SMA (脊髄性筋萎縮症) ってなに? SMA家族の会, 2002年

12) Manzur AY, Muntoni F, Simonds A. 筋ジスキャンペーンによるワークショップ : SMA II型とIII型の子供達に対する呼吸ケアの勧告 (2002年ロンドン) . Neuromuscular Disorders 13 : p184-189, 2003

13) 石川悠加, 多田羅勝義, 石原傳幸, 神野進 : 慢性呼吸不全に対する非侵襲的換気療法ガイドライン. 神経筋疾患. Therapeutic Research 25 : 37-40, 2004

P.155 掲載の参考文献
1) Bensimon G, Lacomblez L, Meininger V, et al. : Acontrolled trial of riluzole in amyotrophic lateral sclerosis. N Engl J Med. 1994 ; 330 : 585-591

2) Lacomblez L, Bensimon G, Leigh PN, et al. : Dose-ranging study of riluzole in amyotrophic lateral sclerosis. Lancet. 1996 ; 347 : 1425-1431

4) 柳沢信夫, 田代邦雄, 東儀英夫, 他 : 日本における筋萎縮性側索硬化症患者に対するRiluzoleの二重盲検比較試験. 医学のあゆみ 1997 ; 182 : 851-866

5) 柳沢信夫, 田代邦雄, 東儀英夫, 他 : 筋萎縮性側索硬化症に対するRiluzoleのメタアナリシス. 医学のあゆみ 1997 ; 182 : 867-87

6) 近藤清彦, 新改拓郎, 石崎公郁子 : 呼吸器装着ALS患者の四肢・球筋機能の予後の検討. 厚生省特定疾患「特定疾患に関するQOL研究班」平成10年度研究報告書, pp211-2178

7) Miller RG, Rosenber JA, Gelinas DF, et al. : Practice parameter : The care of the patient with amyotrophic lateral sclerosis (an evidence-based review) report of the quality standards subcommittee of the American Academy of Neurology. Neurology 1999 ; 52 : 1311-1323

P.172 掲載の参考文献
1) 柳澤信夫 : 厚生省特定疾患 神経変性疾患調査研究班 1995年度研究報告書 : 対象疾患診断基準. pp22, 1996. 3

2) Paulson H et al : Clinical manifestation of Parkinson's dissease. in Movement Disorders neurologic principles and practice, pp183, ed by Watts RL and Koller WC, McGraw-Hill 1996.

3) Berbeau A : Parkinson's disease : clinical features and etiopathology. in Handbook of Clinical Neurology 49 : pp87, ed by Vinken PJ, Bruyn GW and Klawans HL ed Elsevier Cience Publishers BV, 1986.

4) Narabayashi H : Akinesia in parkinsonism. in Movement Disorders in Neurology and Neuropsychiatry. 2nd ed, pp185, ed by Joseph AB and Yang RR, Blackwell Science, 1999

6) Etminan M, Samii A et al. : Increased risk of somnolence with the new dopamine agonists in patients with Parkinsonユs disease. A meta-analysis of randomized controlled trials. Drug Safety 24 : 864-868, 2001.

8) Andre N, Chale JJ et al. : L-Dopa-induced sedation : a doubleミ blind cross-over controlled study versus triazolam and placebo in healthy volunteers. Clin Neuropharmacol 22 : 15-23, 1999.

9) Tandberg E, Oarsen JP et al : Acommunity-based study of sleep disorders in patients with Parkinsonユs disease. Mov Disord 13 : 895-899. 1998.

10) Hobson DE, Lang AE et al. : Excessive daytime sleepiness and sudden-onset sleep in Parkinsonユs disease. A survey by the Canadian Movement Disorders Group. JAMA 287 : 455-463, 2002.

11) Ondo WG, Vuong KD et al. : Daytime sleepiness and other sleep disorders in Parkinsonユs disease. Neurology 57 : 1392-1396, 2001.

14) Tracik F, Ebersbach G : Sudden daytime sleep onset in Parkinsonユs disease : polysomnographic recordings. Mov Dis 16 : 500-506, 2001.

15) 葛原茂樹 : 7. パーキンソン病における痴呆-診断と治療-. パーキンソン病 認知と精神医学的側面. 山本光利編著 中外医学者2003.

18) 日本神経学会治療ガイドラインAd Hoc委員会 : パーキンソン病治療ガイドライン2002. 臨床神経学42 : 428-494, 2002

19) Andersen K, Balldin J, Gottfries CG et al : Adouble blind evaluation of electroconvulsive therapy in Parkinsonユs disease withメon-offモphenomenona. Acta Nuerol Scand 76 : 191-199, 1987.

20) Douyon R, Serby M, Klutchko B et al : ECT and Parkinsonユs disease revisited : a メNaturalisticモ study. Am J Psychiatry 146 : 1451-1455, 1989.

21) Fernandez HH, Friedman JH, Jacquis C et al : Quetiapine for the treatment of drug-induced psychosis inParkinsonユs disease. Mov Disord 14 : 484-487, 1999.

22) Olanow CW, Schapira AHV et al. : Waking up to sleep episodes in Parkinsonユs disease. Mov Dis 15 : 212-215, 2000.

23) Friedman J, Fernandez HH : The nonmotor problems of Parkinsonユs disease. Neurologist 6 : 1827, 2000.

26) Soykan, Sarosiek I, Stifflet J et al : Effect of chronic oral domperidone therapy on gastrointestinal symptoms and gastric emptying in patients with parkinsonユs disease. Mov Disord 12 : 952-957, 1997.

27) 柳澤信夫, 池田修一, 橋本隆男ら : パーキンソン病の起立性低血圧に対するL-threo-DOPSの効果. 脳神経 50 : 157-163, 1998.

P.180 掲載の参考文献
2) Mastaglia FL, et al : Invited Review, Inflammatory Myopa-thies. Muscle Nerve27 : 407-425, 2003.

3) Dalakas MC, et al : Inflammatory Myopathies. Cambridge University Press, New York, 2001, p636-659.

4) 安田圭吾 : ステロイド薬の使い方基礎から臨床まで-. 永井書店, 大阪, 2002, p85-88.

5) 田代邦雄ら : 多発性筋炎. カレントテラピー5 (3) : 86-89, 1987.

P.193 掲載の参考文献
1) 神経・筋疾患のとらえかた 水澤英洋編 文光堂 2001年 東京

2) 菅田忠夫他 : 脊髄小脳変性症-診断から在宅生活まで-総合リハ 25巻 p1017-42, 1997

3) 菊本東陽, 真野行生 : 脊髄小脳変性症の病期別理学療法ガイドライン 理学療法 19巻 p31-38. 2002

4) 新しいSCDの臨床-脊髄小脳変性症の臨床-糸山泰人監修 阿部康二編 新興医学出版 東京, 1996

P.203 掲載の参考文献
4) 井手芳彦, 高守正治 : 重症筋無力症. 本邦臨床統計集 (上巻) . 日本臨床 (増刊) 50 : 186?193, 1992

5) 吉川弘明, 山田正仁 : 重症筋無力症. 実践診断指針. 日本医師会雑誌 s特別号128 : S204-S205, 2002

11) 佐藤猛, 吉野英, 増田真之, 高守正治, 瀬川昌也 : 重症筋無力症患者のQOLの多施設調査. 厚生省特定疾患免疫性神経疾患調査研究班平成7年度研究報告書, 1996, pp19-21

12) 重症筋無力症 (Myasthenia gravis : MG) 治療ガイドライン. 神経治療20 : 486-501, 2003

15) Newson-Davis J. Therapy in myasthenia gravis and Lambert-Eaton myasthenic syndrome. Semin Neurol 2003 ; 23 (2) : 191-198.

23) 吉川弘明 : 重症筋無力症における免疫療法の現状と展望-tacrolimusを中心に-. 神経治療 21 : 31-40, 2004.

28) Therapeutic guideline for myasthenia gravis. Shinkei-chiryo 2003 ; 20 (4) : 483-501.

33) eybold ME. Thymectomy in childhood myasthenia gravis. Ann N Y Acad Sci 1998 ; 841 : 731-741.

36) Motomura M, Shiraishi H. MuSK antibody positive MG. Shinkei-chiryo 2004 ; 21 : 49-54.

V 神経筋疾患をとりまく諸問題
P.217 掲載の参考文献
1) 河原仁志編著 : 筋ジストロフィーってなあに?, 診断と治療社, 2001

2) 日本筋ジストロフィー協会編 : 筋疾患児の子育てQ&A, 2003

3) 福嶋義光 他 : ゲノム時代における遺伝カウンセリングのあり方, 日本医事新報, 4197号, P18−24,2004

4) 中島孝 : 緩和ケアとは何か, 難病と在宅ケア, 9巻, 3号, P7-11, 2003

P.223 掲載の参考文献
1) 山本真 : High volume ventilationによるALS患者の長期人工呼吸管理, 日呼管誌, 10 (3) : 417-421, 2001

参考文献を隠す
前のページへ戻るカートの中身を確認する